新着情報
 学校は夏休みとなりましたが、三者面談、夏季進学補習、部活動など忙しく活動が行われています。今日は、本日7月24日に実施した、市内小学校での学習ボランティアについてお伝えします。  熊谷市立桜木小学校で行われている「桜木元気っ子教室」に、熊女生18名がボランティアの学習支援として参加をしました。過日、桜木小学校からの依頼を受け、生徒たちに参加を募ったところ、あっという間に多くの生徒から希望が集まりました。熊女生は将来、学校の先生になりたいと考える生徒も多くいますので、今の時期から経験を積んでみたい、子供たちと触れ合いたいと考える生徒も多いのだと思います。  今日は、私も熊女生が「お姉さん先生」として頑張る姿を見てきました。1年生から6年生までが教室に分かれて学習に取り組んでいます。児童の皆さんふたりに対して、生徒ひとりが支援に入っていました。ひらがなの練習や、国語の文章読解、算数の掛け算・割り算など、基本的な内容だからこそ、普段当たり前なものとして文章を読んだり、計算をしている生徒たちは、基本を教えることの難しさを感じたことでしょう。同時に、一人一人に寄り添って教えることの楽しさも...
7月28日(日)に、第58回熊谷高校・熊谷女子高校合同定期演奏会を開催します。 皆さまにお楽しみいただけますよう、J‐popからコンクール曲まで幅広く曲目を集め、練習に励んでいます。 ご来場を心よりお待ち申し上げます。   日時:2024年 7月 28 日(日)    開場12:30   開演13:00 会場:熊谷文化創造館さくらめいと 太陽のホール 入場料:無料 第1部 女声合唱  第2部 男声合唱 第3部 混声合唱 曲目:・「瑠璃色の地球」    ・「Ride the Chariot」    ・「良寛相聞 夢の世に」             ほか    
 先日、熊女の華道部の生徒たちが、熊谷市にある高齢者マンション「サンシティ熊谷」に伺い、施設内にお花を生けました。生けたお花は施設内の6か所に飾っていただきましたが、「とても素敵ですね」と早速、入所者の方に声を掛けてもらい、生徒たちは日頃の活動の成果を発揮することができました。  お花を生けた後には、生徒の作品、入所者の方の作品をお互いに鑑賞し、お花を通じて交流をすることができました。中には、熊女の卒業生の方もいらっしゃり、制服の話や、当時の学校生活の様子なども伺うことができました。  
 熊女は本日7月22日が1学期終業式でした。  終業式に先立ち、地震発生を想定した避難訓練を行い、その後、終業式を行いました。  終業式では校長先生のお話、生徒指導主任、進路指導主事の先生からのお話があり、夏休み中の行動や学習について改めて考える時間となりました。  終業式後には、各種表彰が行われ、美術部・書道部・剣道部・ハンドボール部・ソフトテニス部・陸上競技部・卓球部・バドミントン部と今回も非常に多い表彰となりました。また、本日、関東大会に挑んでいる水泳部からは、インターハイ出場決定の嬉しいニュースも届きました。  1学期も熊女生は、学業・部活動・学校行事のいずれにも夢中に取り組み、成果を発揮しています。明日からの夏休みも自分の「花の冠」の実現に向けて、時間をマネジメントしてください。  
 皆さん、こんにちは。  先日の文化祭では、熊女の矜恃(プライド)を見せていただきました。委員長の斎藤さんをはじめとする文化委員の皆さんが、本当によく頑張ってくれました。3バル(Tri-bal)の言葉どおりですね。現在の自分というものは、過去の経験のすべてから成り立っているものです。今日の頑張りは明日の自分へのサプリメントです。これからも良質の経験を重ねていってほしいと思います。  さて、第1学期が終わりますが、3年生の皆さんは進路決定に向けてスパートをかける時期です。1・2年生の皆さんだって、自身のキャリアパスをしっかりと描きながら、夏休みという長い休業期間を過ごすこととなります。勉強に頑張る熊女生はもちろん、引き続き委員会活動にのめり込む熊女生、全国総体(インターハイ)に出場する陸上競技部や水泳部に負けじと、部活動で汗を流す熊女生もいるでしょう。さらには、熊谷から9,600km以上も離れた南半球の都市Invercargillへの大冒険に向かう熊女生もいます。  さあ、そうした長い夏休みをいかに過ごすか。今日はこの命題に対してひとつの定理を紹介しましょう。それは「マネジメント」という考え方です。マネジメン...
 皆さん、本日の避難訓練はいかがだったでしょうか。 緊張感を持って臨むことはできましたか。  日本は地震大国などと呼ばれます。地体構造上、プレートの境界に位置し、造山運動が激しく、地中には無数の活断層と呼ばれる地震の巣を持っています。そして、多くの人々が暮らしている平野部は、地質学的には、水分をたっぷり含んだ豆腐のような軟弱な地盤からなっていますし、斜面では地滑り・崩壊・土石流などの危険がある。線状降水帯による集中豪雨により7月12日未明に発生した愛媛県松山市の土砂災害などは、改めて自然界の恐ろしさを認識させられました。私たちにはまさに災害と隣り合わせで生活しているのです。  この国に暮らす以上、何十年かに一度は大きな地震やその他の災害が襲ってくるかもしれないということを理解するとともに、日ごろから防災意識を持つことが大切です。  「天災は忘れた頃にやって来る」という言葉を聞いたことはありますか。これは物理学者であり随筆家でもあった寺田寅彦のものとされていますが、寺田氏はその著書の中で「…戦争はぜひとも避けようと思えば人間の力で避けられなくはないであろうが、天災ばかりは科学の...
 7月20日(土)・21日(日)は、「2024 彩の国進学フェア」が開催されました。 お暑い中、熊女のブースにも多くの中学生・保護者の皆様が来てくださいました。どうもありがとうございました。  熊女の特色・魅力について個別にお話をさせていただきましたが、熊女の魅力は、熊女生の姿を直接見ていただくことで、一層お伝えすることができます。  この夏も、学校説明会(8/2)、部活動体験会(8/6・8/27)を実施します。また、9月以降も熊女を会場に学校見学会を6回実施いたします。いずれも本校ホームページから申し込みができますので、熊女の授業や熊女生のいきいきとした姿をぜひご覧ください。多くの中学生・保護者の皆様の御参加をお待ちしております。
本日7月20日は、さいたまスーパーアリーナを会場に彩の国進学フェアが開催されました。 熊女ブースにも、多くの中学生・保護者の皆様にお越しいただきました。 中学3年生が中心でしたが、多くの1年生・2年生にも説明を聞いていただきました。早い時期から熊女に関心をもっていただき、とても嬉しいです。担当教員も熱く、丁寧に、笑顔で説明させていただきました。 進学フェアは明日も開催されます。多くの皆様のお越しをお待ちしております。
7月13日(土)、14日(日)に第48回鈴懸祭・文化の部を実施しました。 鈴懸祭は熊女生だけが参加できるオープニングから始まります。ダンスの披露や楽器の演奏、ミス&ミスター熊女でのキュンキュンする演出に、生徒たちはペンライトを使ったり、歓声を上げたりして盛り上がっていました。また、各クラスの魅力が伝わるクラスCMの発表もあり、これから始まる文化祭への期待が高まりました。 一般公開では沢山の方にご来場頂きました。各団体ごとに協力し合い、時間をかけて準備した企画を成功させようと頑張る姿が見られました。熊女生のみならず、多くの方に楽しんでいただけたと思います。ありがとうございました。また、一般投票への御協力、感謝申し上げます。 14日の一般公開の後は熊女生だけが参加できる閉会式で、ポスターや出し物などの項目で優秀なクラスの表彰がありました。 鈴懸祭の締めくくりはフェアウェルです。有志で集まった生徒によるのど自慢では、各々が素晴らしい歌声を響かせていました。ウルトラスーパーライブでは投票により選ばれた人気曲をペンライト片手に全員が歌い、楽しみ、最高の盛り上がりでした 改めて、ご来場いただいた皆さん...
7月17日(水)に東京大学農学部の研究室を訪問させていただきました。生徒は11名参加しました。はじめに東京大学農学部の説明と細菌に関する模擬講義を受講し、その後2グループに分かれて環境保全工学研究室と細胞機能工学研究室を見学しました。 研究室では実際行っている研究の一部を体験させていただいたり、実験器具を使わせていただいたりしました。生徒たちは難しい化学や生物の用語に戸惑いながらも、研究に興味を持ち質問をしていました。生徒たちが思っていたよりも農学部は研究範囲が広く、様々な研究ができることに驚いていました。(写真は緑色蛍光タンパク質 (GFP)に特殊な光を当て発光している様子です。) 最後に研究室の学生2名よりお話を伺いました。進路を決めた時の話や、受験勉強の話、大学での研究や生活の話など面白い話をたくさんしていただきました。特に高校時代にどういうことを考えて進路を決めていったのかという話には刺激を受けた生徒が多かったようです。 最後は赤門と東京大学大講堂(安田講堂)を見学し、みんなで学食を食べて帰りました。    
 7月13・14日に開催された「鈴懸祭・文化の部」には、今年も多くの皆様に来場いただきました。どうもありがとうございました。熊女生のエナジー溢れる姿を感じていただけたことと思います。  海の日を挟んだ今日は、片付けを行っています。クラス企画・部活動企画と複数をかけ持つ生徒が多いですが、分担・協力して原状復帰をしています。
 鈴懸祭・文化の部、2日目の今日はあいにくの雨空のスタートでしたが、午前中から多くの皆様に来場いただいています。  各クラス企画に加えて、部活動や委員会の成果発表も充実しています。華道部はハーバリウム体験、宇宙研究会はプラネタリウム、図書委員会は各委員のおすすめ本コーナーなど、楽しさいっぱいです。  本日の一般公開は午後3時までです。これからお越しの皆様、気を付けて来場ください。  
 第48回鈴懸祭・文化の部が封切られました。 大勢の皆さんに元気いっぱいの熊女をお届けしたいと思います。 本校の文化祭は事前登録制となっていますが、小学生以下のお子様と保護者の方、本校志望の中学生と保護者の方、卒業生は登録不要です。中学生の方で志望校選びの参考に非日常の熊女ワンダーランドをちょっとだけ覗いてみたいという皆さんのご来校を心からお待ちしています。 (文化祭パンフレットの校長あいさつ)  熊谷女子高校「鈴懸祭」にご来場いただき、誠にありがとうございます。皆様のご来校に心から感謝申し上げます。  本校の学校祭「鈴懸祭」との名は、集会室北側にある大樹プラタナス(モミジバスズカケノキ)に由来しています。埼玉県立熊谷高等女学校として開校した明治44(1911)年前後に、新宿御苑からこの地に移植されたと考えられています。以来、この「鈴懸の木」は現在まで大切に管理され、時代を超えて、多くの熊女生を優しく見守ってきました。その熊女には、仲間と夢中になることを見つけ、様々なことに挑戦する「3バル(tri-bal)」という言葉があります。今回の鈴懸祭は、仲間とともに学校行事に夢中になって取り組んできたも...
 本日の一般公開は午後からとなりますが、午前中は熊女生のみでオープニングをしています。  まず総務企画として、文化委員会総務の生徒たちのダンスです。校長先生も加わって踊りました。校長先生の振り付けはカンペキで、生徒たちからは大声援が上がりました。  続いて、有志発表として、アンサンブルマジョリティ部、フラダンス披露など、熊女生の技量の高さを存分に発揮していました。その後も、クラス企画をPRするクラスCM、ミス熊と、熊女の名物企画が続きました。  クラス装飾や窓に貼られた各企画の案内ポスターも準備万端です。         
 鈴懸祭・文化の部が、いよいよ本日7月13日(土)、明日14日(日)開催されます。  正門のアーチも、昨日の雨の中、係の生徒と先生方が設置をしてくれました。今年もご覧のように、力作&とても可愛らしいアーチです。  一般公開は、13日は午後1時から午後3時30分まで、14日は午前9時30分から午後3時までです。  小学生以下のお子様と保護者の方、本校を希望する中学生と保護者の方、卒業生は事前登録不要で来場いただけます。 その他の方は、お手数ですが事前登録をなさってお越しください。本校ホームページのトップページに事前予約フォームQRコードがございます。  熊女生のはつらつとした姿をご覧いただき、工夫を凝らした各企画をお楽しみください。  皆様のお越しをお待ちしています。  
 令和6年度学校総合体育大会(競泳)が令和6年6月22日~24日(土~月)に川口青木町公園水泳場にて行われました。この大会は関東高校・インターハイへつながる重要な試合となっています。結果としては以下の選手が入賞し、関東高校への出場権を獲得しました。よく頑張ってくれたと思います。関東大会でインターハイ出場権を獲得できるように、今後の練習を頑張っていきます。  女子団体総合 6位  50m自由形     中島 実咲  第3位 26.85             佐藤 朱莉  第7位 27.29  100m自由形    佐藤 朱莉  第8位 59.53  100mバタフライ  中島 実咲  第4位 1:02.67  100m平泳ぎ    岩﨑 あず実 第7位 1:17.35  200m平泳ぎ    岩﨑 あず実 第6位 2:46.12             髙島 果鈴  第8位 2:47.84  4×100mフリーリレー 中島・菊地・佐藤・本間 第5位 4:01.29  4×200mフリーリレー 中島・菊地・本間・佐藤 第6位 8:57.15  4×100mメドレーリレー 菊地・岩﨑・中島・佐藤 第5位 4:32.76
7月6日(土)、海を越える3団体合同の日港国際音楽祭を熊谷文化創造館さくらめいとにて行いました。5月以来、各地で活動しながら演奏曲をお互いに提案し、練習に励んできました。 Ying Wa College さんとは前日に、ルミナスさんとは当日午前に初めて合奏を行いました。同じ目標に向けてお互いに刺激を受け、限られた時間の中で一体感を作り上げました。大人数での合奏は迫力があり、新鮮な喜びを感じる演奏会となりました。 その前日の7月5日(金)、Ying Wa College さんが練習、交流のために熊女にいらっしゃいました。初めはとても緊張していましたが、パート練習、合奏と進むうちに、笑顔で言葉を交わせるようになり、翌日の演奏会終了後も時間を惜しんで話し、写真を撮りました。この素敵な出会いに感謝します。  
生徒会では、今年も福島県立小名浜海星高校産の缶詰販売を行います。 震災ボランティア活動での交流からご縁が続いています。 今年はラベルのデザインは美術部2年生がしました。 ラベル貼り作業の様子です。   また、生徒会の生徒と職員で中学3年生と保護者の方対象の学校相談会も実施します。 生徒の生の声が聞ける機会ですのでぜひお越しください。   企画会場:多目的室 学校相談会の時間:13日(土)13:00~15:00          14日(日)10:00~12:00                13:00~14:00  ※販売は終日行っております。