本校の特色

本校の特色

1理科教育の推進
  ◎「SSH指定女子高校等研究交流会」
●平成24年度から5年間の指定を受け、大学や研究機関と連携して高度な理数教育の取り組みを行ってきたスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の流れを継承し、「SSH指定女子高校等研究交流会」に参加しています。(参加校:浦和第一女子高校、川越女子高校、前橋女子高校、宇都宮女子高校、水戸第二高校、お茶の水女子大学附属高校)
●連携先:京都大学、お茶の水大学
 
◎「科学技術立県を支える次世代人材育成プロジェクト」
●埼玉県教育委員会の研究事業で、県立高校の中から物理や化学、数学など7つの分野で特に優秀な生徒が集まり、通常、高校では学べないレベルの実験や研究に取り組みます。本校からも、複数の生徒が参加しております。

 

「県立高校教育課程研究事業・大学進学指導拠点校
(埼玉県教育委員会指定、県立高校12校)
●今年度(令和元年度)から3年間の指定を受け、難関大学合格のための進学指導の改善に取り組んでいます。
 
土曜公開授業の実施
第2・4土曜は土曜公開授業日として4限授業を実施しています。 
●それ以外の土曜日は土曜学習開放として学校施設を開放し、生徒の学習の機会を拡大するとともに模試や進学補習等を実施します。

4行き届いた学習指導
探究活動:1年生「総合的な探究の時間」/2年生「人文科学探究」(国語、地理歴史、美術、英語から選択)
    自ら課題を設定し、机上の学問ではなくフィールドワークなどで「ほんもの」を体験し、グローバルな視野を持ったリーダを育成します。
●補習指導
 大学受験に対応した学力を伸ばすために、長期休業中のほぼ毎日、平日の放課後・早朝と熱心な指導が行われています。 
●スタディサポート
   1学年入学時と1学年終了時に、学習状況や英数国3教科の達成度を把握して学習への取り組みを確認し、担任との面談等に活用して、今後の学習方針を決定する資料として使っています。 
●少人数授業
   英語、数学では2年次に特にきめ細かい学習指導を行っています。 

●ニュージーランドのサウスランドガールズハイスクール(インヴァーカーギル市)と姉妹校の提携をし、毎年相互交流事業を実施し、年約30名の生徒を派遣しています。 

部活動・学校行事の充実
  ●学習のみならず、部活動・学校行事にも学校全体として積極的に取り組み、AIに負けない人材育成に邁進

  していきます。