本校のALT ケリー・マーティン先生のページです。

ALT ケリー先生より

Kelly先生 日本語コンテスト入賞 

本校のALTのKelly   Martin先生が、
9月29日(日)に行われた熊谷国際交流協会主催の
「第21回 外国人による日本語スピーチコンテスト」に出場し、
4位に入賞しました。
 
Kelly先生は、アメリカのカリフォルニア州出身で、
昨年の7月にJETプログラムのALTとして、本校に赴任しました。
プレゼンテーションの授業、英作文の添削、英語劇部やスピーチコンテストの指導など多岐にわたって
熊谷女子高校の生徒の英語力向上のために、熱心に取り組んでくださっています。
 
 

「私の夢」    ケリー・マーティン

私は、現在高校の英語教師をしています。「私の夢」というタイトルについて、私は約720人の生徒の作文を添削してきました。それはとても大変な仕事です。しかし、今、私は、生徒の夢についてのエキスパートです。私は、生徒たちが人生で何をしたいのかよくわかります。医者になりたいという生徒もいれば、海外で働きたいという生徒もいます。猫になりたいという生徒もいます。
なぜ多くの生徒たちは「夢」について作文を書き、これほど人気のあるテーマなのでしょうか?私は、その理由がわかります。私は生徒の夢についての作文を読むことがとても好きです。それはとても素晴らしいことです。なぜならば、私たち教師は、生徒自身や彼らの夢について、深く理解することができるからです。そして、彼らの夢を実現させるための手助けをすることができます。もちろん、夢について考えることは、生徒たちにとても良いことです。彼らは、日々の勉強に意味を見出し、夢の実現に向けて、一生懸命努力することができるからです。私も学生時代、そうでした。
私は小学生のとき、学校で英語を学んでいました。私もまた「私の夢」というタイトルの作文を書いたことがあります。私の記憶をたどってみると、私の夢は、英語の教師になることでした。小学校時代、私は読書が大好きでした。本は私の友達でした。私は、本の文法について勉強することが大好きでした。私は、当時の自分の能力を遥かに超えたレベルの本を、図書館からよく借りてきて、読んでいました。それは、まるでパズルのようで、それを解読していくことに夢中になりました。小学校卒業後は、自分の夢について、作文を書く機会はなくなりましが、英語教師になりたいという夢は、ずっと私の心の中にありました。そして、その夢は、私の勉強の励みなり、私の人生において、私が進むべき道をずっと指し示してくれました。
しかし、人は誰もが、人生の中で、いつしか自分の夢を失ってしまうものです。私も例外ではありませんでした。高校3年生のとき、私は大学で、英語ではなく、経済学を学ぶこと決めました。当時、世の中の経済状況はとても悪く、英語専攻では、大学卒業後の就職口を見つけるのが難しかったのです。私が入学しようとした大学には、とても素晴らしい経済学プログラムがあり、学生の就職率がとても高かったのです。そのため、私は自分の夢から離れて、現実の道を歩むことにしたのです。私はとても惨めでした。私は、経済学者になりたいと思うようになりましたが、それは間違いでした。私の考えは甘かったのです。私は、授業の単位を取ることに、とても苦労しました。単位を落としてしまったものもあります。しかし、ありがたいことに、私は大学で、ある一つの正しいことをしました。それは、日本語を勉強したことです。日本語の授業の中で、私はJETプログラムのことを知りました。それは、大学卒業後すぐに日本に住んで英語を教えるというプログラムです。それは、再び私の夢を思い出させてくれました。私は、大学を卒業したら、JETプログラムに申し込むという目標を持つことができました。そして、そのおかげで、私は、自分の勉強や人生に対して、再び新しい情熱を持つことができるようになりました。私は英語教師になれるなんて!しかも、日本で!!と心の中で叫びました。再び、夢を持つようになったおかげで、私は、大学でも成績が上がり、1年早く卒業することもできました。そして、私は念願のJETプログラムに申し込みをし、こうして、私の夢を叶えることができたのです。
私は、皆さんが高校生の頃に胸に抱いていた夢を、皆さんにもう一度思い出していただきたいです。私は、今、裕福な経済学者ではりませんが、今は、そうでなくてよかったと思っています。それは、私らしくないからです。私は、今ここ日本で、英語教師になるという夢をかなえられて、とても幸せです。日本では、美しくて、文化的な場所がたくさんあり、それらを旅することできます。私は、本当に素晴らしく、素敵な人々と出会うこともできました。そして、私の大切な生徒たちと、英語に対する情熱を共有することができています。
今、あなた自身が本当に求めていること、あるいは、あなたを幸せにしてくれることは何ですか?もし、お金がそうなら、お金を追い求めるのもいいでしょう。もし、芸術作品がそうなら、あなたの好きな芸術作品であなたの周りを囲んだり、作品を作るのもいいでしょう。もし、教えることがあなたを幸せにするならば、真心を込めて、教えるのもいいでしょう。もし、私たちがみな夢を持ち、その夢を実現できたなら、この世界は、今よりもずっと幸せな場所になるでしょう。
 
 
【英文の原稿】 
My Dream

At this point, I have graded approximately 720 student essays about “My Dream.” It’s exhausting, but now I am an expert on students’ Dreams. I know what they want to do with their lives. Some want to be doctors. Some want to work abroad. Some want to be a cat.
While this is a lot of essays, I understand why it’s such a popular subject, and I love reading them. It’s great because we teachers learn about the students and their goals, and then we can try to help them achieve those goals. It’s also great for the students because they can step out of their hard studies and see what it is they are working toward. This helps give them focus, just like it gave me focus when I was a student.
When I was a student elementary school and still learning English, I also had to write about “My Dream.” As far back as I remember, my Dream was to be an English teacher. In elementary school, my best friends were my books, and I loved studying grammar when everyone else moaned about it. I would check out books from the library that were far beyond my level, because it was like a puzzle, and I loved solving it. I didn’t have to write about “My Dream” after elementary school, but it was still on my mind. It helped me focus on my studies and keep a good perspective on what I wanted in my life.
However, at some point in everyone’s life, they lose focus of their Dream, and I was no exception. My senior year of high school, I decided I wanted to study Economics in college instead of English. The economy was very bad, and English majors didn’t have great chances of being employed after graduation. But the college I was accepted to had a great economics program, and the students had a great employment rate. So I was swayed from my Dream and followed the path to money… and I was miserable. I thought I wanted to be an economist, but I was wrong. It was a terrible idea, and I struggled to pass my classes and even failed one.
Thankfully, I did one thing right in college- I studied Japanese. Through my Japanese class, I learned about the JET Program, a way for recent graduates to move to Japan and teach English, and it reminded me of my Dream. I decided to apply for the JET Program after graduating, and I had a new passion for life and learning. I could be not only an English teacher- I could be an English teacher in Japan!! With this focus and drive, I started doing much better in school and even managed to graduate a year early. Then I applied for the JET Program and, well, as you can see, my Dream came true.
So I encourage all of you to think about your Dream, just like we make our high school students do. I am not a rich economist, but now I realize I am better off not being one. It isn’t me. I am so much happier following my Dream of being an English teacher here in Japan. I’ve gotten to travel to so many beautiful and culturally rich places, I’ve met amazing and incredibly nice people, and I get to share my love of English with my students. So don’t get distracted by things that everyone tells you that you want. If money is what truly makes you happy, that’s great, pursue money. If good art makes you happy, surround yourself with good art and make good art. If teaching makes you happy, teach with all your might. If we all achieve our Dreams, this world will be a much happier place.

Debate

This semester, the first year students learned
how to do formal English debate.
 
They prepared their speeches and spoke
them in front of the rest of the class,
who judged each speech.
 
Kelly helping students prepare before their speeches.
They all did well- I was very impressed!
 
Kelly praising her students for doing such a good job.

Halloween

For Halloween, I dressed up as a cat and handed out candy to the students
who came up to me and said "Trick or Treat!" 
The students seemed to really enjoy it, 
and some of them were dressed up, too! Here's a picture of me 
with the English Drama Club wearing my cat ears-


I had a great time going around school and meeting new students.
I think they enjoyed it too, especially since they got Halloween candy!

Speech Contest

In October, I participated in a Japanese speech contest
for foreigners in Kumagaya.


The theme of my speech was 「暑いぞ、熊谷!」. 
In my speech, I talked about how life in Kumagaya 
has been difficult to adjust to, but that the people here
have made that adjustment so much better 
with their kindness and help. 

Now that I've been here a little longer 
and the weather's gotten cooler, 
I've become much more comfortable living in Kumagaya. 
Thank you to my co-workers, students, bosses, friends, 
and everyone else who made me feel welcome here.
I look forward to the rest of my stay in Kumagaya!