熊女日記

3年生対象に看護医療系説明会を開催しました

7月2日(木)放課後、3年生対象に看護医療系説明会を実施しました。

予備校の講師の方に、看護医療系の大学・短大・専門学校の入試対策について、丁寧な説明をしていただきました。

      

受講した40名近い生徒の感想には、

「自分がこの仕事をやりたいのかについて、徹底的に追求していきたい。」

「面接対策ノートを作り積極的に活用したい。」

「コロナの影響で体験会が無くなったと思っていたが、開催していると聞いて是非参加したい。」

「看護志望ではないが、見聞を広めたいと思い参加した。命に向き合う仕事の大変さ、大切さを知った。」

「大学で学ぶこと、専門学校で学ぶことの整理がついた。併願校選びに活かしていきたい。」

などがありました。

今回の説明会が生徒自らのモチベーションを上げる良いきっかけとなったのではないでしょうか。

 

 

 

分散登校の様子

6月8日(月)から分散登校が始まりました。

生徒たちは、各学年を半分(α組、β組)にして1日おきに登校しています。

今日(6/10)は、α組(1~4組)の登校日。一方の教室で教科の先生が授業を行い、隣のクラスでは半分の人がプロジェクターでその授業を受けています。

 

3年生は、視聴覚教室などの大きな教室で、1クラスが一緒に受講しています。受験を控えてみんな真剣に取り組んでいました。

 

1年生の数学の補習です。

本日登校していないβ組の1年生に対する弱点補習をオンラインで実施しています。昨日は、α組の生徒に対して行いました。

進路オリエンテーション

学校再開初日に、各学年で進路オリエンテーションが行われました。

進路を考える上でのポイントについて、進路指導部よりスライドを用いて説明がありました。

久しぶりの学校で、各学年とも緊張気味でしたが、集中して話を聞いていました。

将来の目標に向かって、これからも熊女生はがんばります。

 

FMクマガヤ 「先生たちからのメッセージ」

FMクマガヤでは「みんなに届け! 先生たちからのメッセージ」と題し、

小中学校の先生からのメッセージを紹介していましたが、

高校にもということで順番が回ってきました。

熊女は28日の17時からで、教務部の針岡教諭、保永教諭が出演しました。

生徒の様子を心配し、来週からの再開を心待ちにする気持ちや、

生徒たちと会えることを楽しみにしていること、

熊女はこういう学校だということを語りました。

各学年の教員からのメッセージとして、生徒への思いが紹介されました。

1年生の生徒からメッセージももらいました。

終始和やかに、生徒たちへの呼びかけと熊女の紹介ができました。

また、スタジオの外にはPTAと後援会の会長さんが応援に駆けつけてくれました。

局の方から、応援団が来るようなことはなかったと言われました。

来週からの休校解除に向けて弾みがついたと思います。

 

 

第72回卒業証書授与式

【卒業式のお知らせ】

3月11日(水)、卒業証書授与式が開催されました。

第72回卒業証書授与式 校長式辞 .pdf

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  正門風景(令和2年3月11日(水) 7時30分撮影)

 

会場の体育館前のハクモクレンが満開でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業生と教職員による卒業証書授与式となりました。

規模を縮小しての式でしたが、厳粛に行うことができました。

人文科学探究公開授業

2月10日(月)3・4限に、「人文科学探究(国語・地歴・芸術(美術)・英語)」の公開授業を行いました。

「人文科学探究」は2年生の文系希望クラスの生徒が選択します。新学習指導要領で重視されている「探究」を行う学校設定科目であり、本校の特色ある取組の一つです。

当日は以下の授業を行いました。生徒たちは力強いプレゼンテーションを行っていました。

【国語】
 ポスターセッション

  「言語」や「文学」に関し各自で設定した課題

【地歴】

 プレゼンテーション、ポスターセッション

  「人間」や「人間の創造物」に関し各自で設定した課題

【芸術(美術)】

 ポスターセッション

  「絵具」「錯視」等の各自の課題

【英語】

 英語によるディベート

  論題:「日本政府は炭素税を導入するべきである」

県教育局高校教育指導課、総合教育センターの教育主幹、指導主事の先生方にご指導いただくとともに、高等学校・中学校の先生方、保護者の皆様にも、多数ご見学いただきました。貴重なご意見をいただき感謝しております。引き続き、特色ある探究の実践に努めて参ります。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

       国語        地歴(プロジェクター使用)

     

 

 

 

   

 

       地歴             美術

 

 

 

 

 

 

       美術             英語

 

    

       英語ディベート活動         美術

 

       

              地歴発表の様子    

 

くまじょサイエンス教室

1月25日(土)に本校で『くまじょサイエンス教室』が開催されました。

小学生123名と保護者の方が参加し、熊女生と一緒に実験や工作を楽しみました。

目をキラキラさせながら実験に参加している小学生を見て、本校の生徒も刺激を受けたようでした。

 

(左)クリップモーター(右)消える絵柄!?

  

(左)化石模型をつくろう!(右)化石発掘体験

      

(左)紫キャベツで虹を作ろう(右)ファージストラップ作成

   

(左)新スライムを作ろう (右)サイコロを作ろう

      

煮干しの解剖

    

【参加した保護者の方の感想(一部)】

・とてもよい企画だと思います。ずっと続けてほしいです。

・高校生の皆さんの対応が優しくてわかりやすくて嬉しかったです。理科に触れる良い機会になりました。

・大人もできることがあって楽しめました。

・子どもに積極的に話しかけてくれる生徒さんがいて嬉しかった。

・子どもに優しい口調で話しかけてくれる姿がとても印象的でした。廊下に展示してあった絵や書の作品も子どもには良い刺激になりました。

・また来年も参加したいのでよろしくお願いします。

 

【参加した熊女生の感想(一部)】

・最初は子どもたちが楽しんでくれるか、自分はきちんと説明ができるのかなど不安だったけど、みんな説明を真剣に聞いてくれたし、保護者の方も一緒に興味を持ってくれたのでよかった。

・とても貴重な体験ができ、たくさん学ぶことができたので参加できてよかった。

・小学生のエネルギーがすごくて疲れたが、「ありがとう」「楽しかった」と言ってくれて嬉しかった。小学生の好奇心いっぱいの目を見て科学のすばらしさを再認識できたし、自分でも「なぜ?」という気持ちを大切に学ぼうと思った。

・驚き、不思議そうな顔をしている子どもたちを見て私も面白かったです。

・小学生もその保護者の方もとても喜んでくれて、とても楽しい充実したサイエンス教室でした。