家庭クラブ

(家庭クラブ連絡委員会)


委員構成  1・2年 各クラス2名   計32名

活動日   委員会の日(月2回)+各企画の活動日

コメント  家庭クラブ活動は、家庭科で学んだ知識や技術を生かして、地域や社会に貢献する取り組みを行う活動です。
      熊女では入学と同時に生徒全員が家庭クラブ員となり、各クラスの家庭クラブ連絡委員が中心となり活動しています。

熊女家庭クラブの取り組み
  4 月
:役員選出、年間行事計画作成、エコキャップ活動開始(~3月)

  7 月:鈴懸祭チャリティーバザー
       →家庭クラブ員が交通安全マスコット「無事カエル」や
         手作り小物を制作し販売。全額寄付します。
         (H30売上36,910円/全額「国境なき医師団」へ寄付)

  夏休み:児童福祉施設「雀幸園」にて学習ボランティア、
      ボランティア体験活動(2年/約150名参加)、
      埼玉県家庭クラブ指導者養成講座参加

  11月:埼玉県家庭クラブ連盟研究発表大会参加、
      児童養護施設「雀幸園」との交流・寄付

  12月:料理講習会、児童養護施設「雀幸園」クリスマス会参加 

  3 月:エコキャップ活動まとめ(H29/41.7kgをエコキャップ協会へ)

家庭クラブ 活動報告

家庭クラブ 「雀幸園」学習ボランティア

8月1・2日の2日間、児童養護施設「雀幸園」にて、本校生徒12名が学習ボランティアをさせていただきました。
30名ほどの雀幸園の子どもたちの夏休みの宿題や勉強を、一緒に考えたり教えたりしながら進めました。「教えるのって難しいです!」と言いながらも、笑顔で有意義な時間を過ごすことができました。
雀幸園のみなさん、ありがとうございました。

家庭クラブ チャリティバザー売り上げ寄付

7月の鈴懸祭で、家庭クラブ連絡委員会はチャリティーバザーをおこないました。
1年生は交通安全マスコット「無事カエル」と雑巾を、2年生は各クラスで小物を手作りで作成して販売しました。
2日間の売り上げ34,020円は、認定NPO法人フローレンス(親子に関わる社会問題の解決を目指す団体)に寄付させていただきました。

家庭クラブ 料理講習会

2018年12月18日(火)、恒例の家庭クラブ料理講習会を行いました。
家庭クラブ連絡委員の料理講習会班が、メニュー決定から試作、準備、料理指導までを行います。
今年のメニューは「フライパンdeキッシュ」「フォンダンショコラ」でした。

参加者からは「学年やクラス、部活関係なく仲良く料理できて楽しかった!」「初めて作ったけれど、美味しかった!」「家でも作ってみたい」と大変好評でした。

児童養護施設「雀幸園」との交流会

2018年11月14日、生徒11名が熊谷市内の児童養護施設「雀幸園」さんとの交流会を行いました。

「雀幸園」さんとの交流会は、30年以上続いている家庭クラブの活動です。
今年も全校生徒から集めた子ども服や文具等を贈らせていただきました。
本校の卒業生である園長先生から、児童養護施設の意義や現状といったお話を伺った後、園の皆さんと遊びを通した交流を行いました。



素晴らしい青空の下、笑顔と歓声にあふれる、楽しく充実した交流会となりました。

家庭クラブ 埼玉県家庭クラブ指導者養成講座参加

平成30年8月17日(金)、18日(土)に開催された埼玉県家庭クラブ指導者養成講座に参加しました。講演会やバズセッション、折り紙講習会等を通して、他校の家庭クラブ員と交流し、リーダーとしての資質を養いました。

第60回 全国高等学校家庭クラブ研究発表大会(奈良大会)報告

  平成24年8月2日~3日に奈良県文化会館国際ホールにて行われた、
全国高等学校家庭クラブ研究発表大会に関東ブロック代表として参加し、
2年生の家庭クラブ連絡委員7名(発表者1名・パソコン操作2名・照明操作2名・音響操作2名)
による発表を行いました。本校の学校家庭クラブ活動として、26年間継続している交流活動に
ついて発表し、奈良県教育委員会賞を受賞しました。
文部科学省初等中等教育局教育課程教科調査官の望月昌代先生から「子どもの気持ちに寄り添う
優しい気持ちに感動した。スライドや口頭発表のバランスが良く、内容がしっかり伝わってきた。」との
講評を頂きました。