熊女日記

進路座談会第三弾 お茶の水女子大学の先輩を囲んで

進路座談会第三弾として、お茶の水女子大学の先輩に来校していただきました。

進路をどうやって決めたのか、から、どんな受験勉強を行ったかまで、具体的なお話をしていただきました。在校生からの「英単語をどうやって覚えましたか」「国公立大受験の場合、勉強する科目が多いですが、バランスをどのようにとっていましたか」「試験の前の日はどのようにしていましたか」と多岐にわたる質問に、一つ一つ丁寧に、笑顔で答えて下さいました。 

参加した生徒からの感想です。

「部活を続けながら受験勉強を続けていてすごいと思いました。」

「塾に行かなくても自分で勉強すれば大丈夫なんだと安心しました。」

「単語帳がとても使い込んでいる感じがしたので、私も先輩のように頑張りたいです。」

「学校の授業の大切さが改めてわかりました。」

学習に向かう真摯な姿勢が、先輩から後輩へ受け継がれていく良い機会となりました。

終業式の本日(7/31)校内英語弁論大会を実施しました

1学期の終業式の本日(7月31日)、午後の時間を使って恒例の校内英語弁論大会を開催しました。

今年は昨年度に比べ倍近い1・2年生18名がエントリーしました。

テーマは「私の夢」「友達」「私の好きな本」「自己紹介」「部活動」から選び、2分程度のスピーチを行います。

短い1学期となり学校生活もかなりハードになっていましたが、終業式に行われる今日に備えて出場した生徒は

しっかり準備して臨んでいました。

   

            アクリル板越しにスピーチする出場者  

 

    

       出場者と審査員、そして、密を防ぐために少数の応援者が聴衆

 

 

3学年出願指導

3学年 出願指導

7月20日(月)夏休みを前に、3学年の生徒に向けて第1回出願指導が行われました。

今年度から導入される新入試についての確認や、入試までのスケジュール、また受験生としての心構えや夏休みの受験勉強について、進路指導部から説明がありました。

「夏を制する者は受験を制す」各自が、目標に向かってどのように夏休みを過ごすか、考える良い機会にもなりました。

頑張れ熊女生!

 

学食が売りなんです

女子高で学食があるのは珍しいと言われますが、

熊女の学食は、生徒職員の幸せのため、原則2限休みから営業しています。

セールスポイントはたくさんあります。

美味しい食事、豊富なメニュー、明るい雰囲気、親身になってくれる従業員の方々…

天井が高い明るい食堂は、110周年記念事業の一環で冷暖房完備になりました。

生徒総会での要望を受けて交渉した結果、アイスの自販機も入りました。

一番人気のチーオム、定食屋さん顔負けのランチ、定番のカレー、うどんはもちろん、

サイドメニューのたこ焼き、お好み焼き、チュロス、唐揚げ、

フライドポテト、アメリカンドッグ等々と数えたてればもはや縁日も同然。

中学生の皆さんは、学校見学ツアーの時に是非体験してみてください。

  テイクアウト用チーオムのメイキング     テイクアウト用丼もたくさんあって迷いそう

 

 日替わりサイドメニューの一部。もはや縁日   アイスの自販機も新登場!プール後はこれですね

 

 

   

進路座談会第2弾 国立大・私立大入学者5名を囲んで

7月21日(火)放課後の時間を使って、卒業生を囲んだ進路座談会の第2弾を実施しました。

今回お呼びしたのは、埼玉大学2名(教育学部、工学部)、国際基督教大学(教養学部)、学習院大学(文学部)、日本女子大学(家政学部)の5名の方です。

    

5名の皆さんが、それぞれの志望校選びのポイント、3年生の夏休みの過ごし方、受験勉強のアドバイスなどを

分かりやすく話していただきました。

「推薦入試を受けなくても、自分が志望する大学に本当に行きたいのかを確認するために、志望理由書みたいなものを書いてみても良いのでは!?」(早めに志望を固めるのが合格の近道)

「夏休みの勉強していて偏差値が上がらなくても気にしない!結果が出てくるのは早くて11月!」(焦らない)

「英語の勉強の極意は、単語⇒熟語⇒文法⇒構文⇒長文の順でやりましょう。」(複数の人の言葉)

「問題集は最低でも3回やりましょう。」「夏休み中、スケジュール表をつけましょう。」

「理系の人でも文系の科目を捨てることはしないで。大学入学後も必ず教養として必要。」(そのとおり!)

「コロナ禍で厳しいかも知れないが、機会があったらオープンキャンパスに参加して欲しい。大学とのフィーリングが大切。」

「受験勉強は、息抜きがとても大切。1週間に1回はそういう時間を作って。」(複数の人の意見)

など、大変貴重な話しがたくさん出てきました。

             

全体会の後は、文系・理系に分かれての分科会となりましたが、先輩が活用したスケジュール帳を写メしたり、問題集を紹介してもらったり、連絡先を交換したり、時間がオーバーするくらい熱心にアドバイスを受けていました。

今日参加した3年生にとって、とても有意義な時間となったのではないでしょうか。

卒業生の皆さん、時間を取っていただきありがとうございました。

 

 

進路座談会~東京外語大の先輩を囲んで~

進路座談会~東京外語大の先輩を囲んで~

 6月27日(土)東京外語大に進学された卒業生お二人を迎えて、進路座談会を行いました。

 進路をどうやって決めたか、受験勉強についてや、大学生活について、留学、また就職についてまで、具体的なお話をしていただきました。特にミャンマー語やロシア語といった言語・文化をなぜ学ぼうと思ったかもお話ししてくださり、大学で学ぶことについて考える良い機会になりました。和やかな雰囲気の中、参加した生徒は真剣にいろいろな質問をしていました。「実際の大学生の方の話を聞く機会はあまりないので、とても貴重な時間になりました。」「受験についてや留学のことなど親身になって話してくださり、勉強のモチベーションが上がりました」など、生徒にとって、とても有意義な会となりました。

 

1年生の探究活動がいよいよ始まりました

7月13日(月)6・7限を使って、1年生の「総合的な探究の時間」がようやく本格的にスタートしました。

6限目は、臨時休校中からオンラインSHRや2者面談などで馴染んできたグーグルの「G Suite for Education」

の活用方法や、1年間の活動計画について、各クラスでオンラインレクチャーを受けました。

  

 

7限目は、1年間、自分たちが研究するテーマについて、班ごとに分かれて検討しました。

大きなテーマは「好きを極める」。

研究したいテーマが共通する人同士で班を構成し、話し合いが始まりました。

  

 

 

3年生対象に看護医療系説明会を開催しました

7月2日(木)放課後、3年生対象に看護医療系説明会を実施しました。

予備校の講師の方に、看護医療系の大学・短大・専門学校の入試対策について、丁寧な説明をしていただきました。

      

受講した40名近い生徒の感想には、

「自分がこの仕事をやりたいのかについて、徹底的に追求していきたい。」

「面接対策ノートを作り積極的に活用したい。」

「コロナの影響で体験会が無くなったと思っていたが、開催していると聞いて是非参加したい。」

「看護志望ではないが、見聞を広めたいと思い参加した。命に向き合う仕事の大変さ、大切さを知った。」

「大学で学ぶこと、専門学校で学ぶことの整理がついた。併願校選びに活かしていきたい。」

などがありました。

今回の説明会が生徒自らのモチベーションを上げる良いきっかけとなったのではないでしょうか。

 

 

 

分散登校の様子

6月8日(月)から分散登校が始まりました。

生徒たちは、各学年を半分(α組、β組)にして1日おきに登校しています。

今日(6/10)は、α組(1~4組)の登校日。一方の教室で教科の先生が授業を行い、隣のクラスでは半分の人がプロジェクターでその授業を受けています。

 

3年生は、視聴覚教室などの大きな教室で、1クラスが一緒に受講しています。受験を控えてみんな真剣に取り組んでいました。

 

1年生の数学の補習です。

本日登校していないβ組の1年生に対する弱点補習をオンラインで実施しています。昨日は、α組の生徒に対して行いました。

進路オリエンテーション

学校再開初日に、各学年で進路オリエンテーションが行われました。

進路を考える上でのポイントについて、進路指導部よりスライドを用いて説明がありました。

久しぶりの学校で、各学年とも緊張気味でしたが、集中して話を聞いていました。

将来の目標に向かって、これからも熊女生はがんばります。