熊女日記

美術部制作 自転車盗被害防止啓発ポスター

 2月15日付の埼玉新聞にも掲載をいただきましたが、熊女の美術部の生徒たちが熊谷警察から依頼を受け、自転車盗の被害防止を呼びかける啓発ポスターを制作しました。

 ポスターには「自転車には愛錠を!」と書かれています。熊女生らしく、ひとひねりあるキャッチコピーです。

先日、本校放送部の生徒たちも一緒に、熊女の駐輪場や熊谷駅前駐輪場に掲示をしました。熊女生は地域に積極的に関わり、力を発揮しています。

中学生へ 熊女の授業体験

 先日、熊谷市立大原中学校の「高校授業体験」に呼んでいただき、大原中学校2年生の皆さんに熊女の英語の授業を体験してもらいました。

 熊女の授業の特徴の1つは、ICTを効果的に使い、学びを深めることです。この日も、熊女からタブレット端末を持参し、GoogleジャムボードやGoogleドキュメントを使って、英語での紙上ディベートを行う学習活動を行いました。

 中学生の皆さんは、Googleジャムボードなどのアプリを使うことは初めて、ということでしたが、スムーズに操作をし、思考整理や意見共有をしてくれました。授業者の先生からは、英作文を書く時のポイントや、英語学習の方法についても説明があり、中学2年生の皆さんは楽しみながら、熊女の授業体験や高校入試に向けた学習をしてくれました。

第2回学校評議員会・学校評価懇話会

 本日2月8日(木)の午後に、今年度2回目の学校評議員会・学校評価懇話会を開催しました。

 学校評議員会では、委員の皆様に、今年度の熊女の取組について学校自己評価システムシートに基づき説明をさせていただきました。引き続き行われた学校評価懇話会では生徒代表も出席し、勉強や今後の進路について、これからの熊谷女子高校についてなど、積極的に意見を述べました。出席いただいた委員の皆様からは、励ましやご助言等、貴重な意見をいただきました。お忙しい中、ご出席いただきありがとうございました。

地域の皆さんをお招きして 1学年探究代表者発表会

2月2日(金)の5時間目に多目的室にて「総合的な探究の時間」の学年代表発表会を行いました。

今回の発表は1月29日に行った発表をもとに選考された学年代表3班が発表を行いました。代表クラスとテーマは以下の通りです。

 

4組「熊谷市キラキラ政策~熊谷市の景観を良くして高校生の学力を上げよう!!~」

5組「おかえり小学校」

 8組「クマぶらで熊谷を豊かに キーワードはSNS?」

 

今回の発表は熊谷市役所の職員の方々、地元企業の方々などの前での発表だったのですが、生徒たちは堂々と発表していました。どの班もGoogleスライドを用いて発表し、データをグラフに落とし込んだものの提示や、写真や絵を多く使用しての発表など工夫が多く見られました。また、発表後はたくさんの質問をいただきました。質問に丁寧に答えようとしている生徒たちの姿が印象的でした。

生徒たちも、「自分も地域に貢献できるんだ!」「貢献したい!」という気持ちを強めたことと思います。

様々な方のご協力と生徒の頑張りによって実りある探究の学習になりました。

今回の探究活動にお力添えをいただいた熊谷市役所の皆様、市内企業の皆様、どうもありがとうございました。

 

第7回学校見学会 ご参加ありがとうございました

 本日2月3日は土曜授業、第7回学校見学会を行いました。

 主に中学2年生を対象とした見学会でしたが、中学3年生・1年生の参加もいただきました。

    また、株式会社メディアバンクスの梅野様にも取材をいただき、ありがとうございました。

 熊女の説明会・見学会の特徴は、熊女生が中学生の皆さんに高校生活や受験勉強のポイント等について説明をするということです。今回は、それに加えて、会の司会進行や授業見学ツアーも進路が決定をした3年生が務めてくれました。

   中学生の皆さんには、熊女生のてきぱきと行動する姿や、ユーモアを入れながらポイントを絞って説明をする姿など、熊女生が輝く様子を見ていただけたことと思います。また、私からも熊女の学習や進路指導について、熊女の魅力についてお話をしました。

 中学3年生の皆さん、これまで頑張ってきた自分に自信をもって、高校入試に挑んでください。中学1・2年生の皆さん、来年度の熊女の説明会・見学会にもぜひお越しください。お待ちしています。

看護を志す高校生のための看護学入門

埼玉県立大学保健医療福祉学部の柴田由里子先生と県立大に在学中の本校卒業生2名をお招きして特別出張講座を開催しました。柴田先生には、看護学や看護職についてご自身の経験をもとに具体的に教えていただくとともに、ナイチンゲールの言葉や「看という字は手と目で患者さんをみること」という医療従事者を志す者にとって大切な心構えを教えていただきました。卒業生の先輩には、受験勉強の方法や部活と勉強を両立させる秘訣、大学の授業や実習についても具体的に教えていただき、力強いエールをいただきました。質問にも丁寧に答えてくださり、看護医療系を志す生徒たちは決意を新たにしました。

  

熊女の魅力発信 第7回学校見学会予告

 この時期は、中学3年生は高校入試シーズンですが、中学2年生も来年度に向けた高校調べなどを始める時期ですね。

今週は、熊谷市内の2校の中学校から高校説明会の案内をいただき、熊女の魅力をお伝えしてきました。中学生に「熊女について知っていることを教えてください」と聞いたところ、「難関大学に多く進学している」「駅から近い」などと答えてくれました。熊女のホームページも頻繁に見てくれているようです。ありがとうございます。

 熊女も今週末の2/3(土)には、第7回学校見学会を行います。中学3年生に加えて、多くの1年生・2年生から申し込みをいただいています。本校の説明会・見学会の特徴の1つに、熊女生が中学生に学校行事や学校生活等について説明をする、ということがあります。中学生からは毎回大好評です。

 次回3日の説明会では、それに加えて、「授業見学ツアー」として、熊女生が校内をご案内する予定です。参加なさる皆様、ぜひ楽しみにしていてください。

   

熊女の特色 きめ細やかな進学指導

 熊女の特色の一つは、個々の生徒に寄り添う指導をしていることです。

 家庭研修に入った3年生ですが、登校し、勉強に励む生徒も多くいます。学校で勉強をする良い点の1つとして、

疑問点をすぐに先生へ質問できることがあります。今日も、数学の質問をしている3年生の姿がありました。

始業前、昼休み、放課後、3年生に限らず同様の場面が毎日のように見られます。

間違えて食べてしまいそう 生徒美術作品

 熊女には、生徒の美術作品・書道作品等を展示する通路があります。学校見学会で来校する中学生に聞くと、作品の上手さを見て、熊女生への憧れを抱いてくれる一つです。

 今の展示コーナーの一角には、美術を履修する1年生の「食品粘土造形」「チョークアート」が飾られています。

   チョークアートは色鮮やかに細かな部分まで丁寧に描かれており、食品粘土造形は、実物の野菜・くだものそっくりです。足を止めて友人の作品を見合う生徒の姿もよく見かけます。お互いの良さや頑張りを共有するこのスペース、良いですよね。 

1学年探究活動 クラス代表発表会

 1月29日(月)の6・7時間目に「総合的な探究の時間」のクラス代表発表会を行いました。

各クラス代表班のテーマは以下の通りです。

1組「魅力ある熊谷市に!~人口減少にブレーキを~」

2組「よみがえれ 熊谷!!」

3組「少子高齢化を食い止めるために~子育てしやすいまちづくり」

4組「熊谷市キラキラ政策~熊谷市の景観を良くして高校生の学力を上げよう!!~」

5組「おかえり小学校」

6組「熊谷市を快適にするためのバスの改良案」

7組「交通の便を良くしよう」

8組「クマぶらで熊谷を豊かに キーワードはSNS?」

 どの班も今回探究の授業で学んだ「新結合」の考え方を使い、「熊谷市の課題を解決するためのイノベーション」を堂々と発表していました。また、指導講評では早稲田大学の田中博之先生より発表班ごとに温かいお言葉をいただき大変有意義な発表会となりました。

 

 今回での発表での最優秀賞1班と優秀賞2班は2月2日(金)に市役所の職員の方、地元協力企業の方々の前で発表します。