熊女日記

新聞掲載 熊谷空襲戦跡巡り

 9月17日(土)午後、本校日本史部や有志生徒が、市内の熊谷空襲の戦跡を巡りました。

 企画をしてくださったのは「熊谷空襲を忘れない市民の会」の皆さんで、会代表の米田主美さんは、本校卒業生でもあります。

 まず熊谷市立図書館で学芸員の方に、熊谷空襲の概要を説明いただきました。その後、生徒は3つのグループに分かれ、市民の会の方の説明を伺いながら市内8か所を歩きました。戦火を生き抜いた熊女の北門、中央公園の平和の鐘や戦災けやき、厄除け平和地蔵など貴重な戦跡を見て回りました。

 米田さんは「若い人たちに平和のバトンを渡したい」とおっしゃっていました。生徒たちの心にもしっかりと刻まれたことと思います。

 この様子は、9月18日(日)朝日新聞埼玉版、9月19日(月)埼玉新聞にも掲載していただきました。

熊女の魅力発信 学校見学会

 本日9月17日(土)は、学校を会場とした学校見学会を行い、事前申し込みをいただいた中学生と保護者の皆様に来校いただきました。

 中学生を対象とした説明会は、8月の学校説明会、部活動体験会に続いての実施となります。

 今回の見学会では、全体説明会と授業見学、その後、希望者への個別相談会や部活動見学を行いました。

 感染症対策として、会場を2つに分け、時間をずらして見学等をしていただきました。

 中学生の皆さんも、熊女の生徒から直接学校の様子を聞いたり、授業の様子を見て、一層熊女を身近に感じてくださったことと思います。

 学校見学会は今後5回実施しますので、ぜひお越しください。

 11月実施分の申し込みは10月5日(水)12:00に予約開始予定です。本校ホームページからの申し込みとなります。

  

鈴懸祭・体育の部を行いました

 昨日9月14日(水)は体育祭予行(予選)、本日15日(木)は体育祭を、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場を会場として実施しました。

 感染症対策として、軍手をしてリレーのバトンを渡す、接触の少ない新たな競技を取り入れるなど、担当の先生方や係の生徒を中心に、様々な工夫を考えてくれました。

 生徒たちも広い競技場を存分に使って、一生懸命に競技に参加し、自分の係の仕事に取り組んでいました。

応援合戦(ダンスパフォーマンス)も3年ぶりの実施となりましたが、3年生を中心に出来得る最高の演技を見せてくれました。

 コロナウイルス感染症の状況下でどのような工夫ができるのか、これをその都度考え、最大限頑張り、楽しむのが熊女生です。

 観覧いただきました保護者の皆様、どうもありがとうございました。  

 

 

 

熊女生のエネルギー源 学食紹介

 熊女は学食が生徒からも大人気です。今日のメニューは何かな、と学食に足を運んでみました。

 写真のように容器に入れてもらい、教室で食べることもできます。

 4時間目に行ったところ、食堂の職員の方が「もうだいぶ売れちゃったけれど」とおっしゃりながら

 おいしそうなランチを見せてくださいました。

 3時間目休みにお昼ごはんを食べ、昼休みは体育祭の応援合戦練習をするクラスもあるようです。

 15日は体育祭です。元気にたくさん食べて、笑顔いっぱいの熊女生の姿が楽しみです。

 

2年生 修学旅行前の震災学習

 2年生は、今月末から関西への修学旅行を予定しています。1日目に神戸で震災学習を行うことから、

その事前学習として、本日13日の6・7時限に、東日本大震災や私たちの身近にある災害について学びました。

講師には、東日本大震災直後から被災地の高校との交流を続けてきた、県内の地学教員である倉川先生と、その教え子の4人の皆さんをお招きしました。

 大地震が来た時に熊女の周辺はどうなるのか、日ごろの備えとして必要なことなど、地学の視点からお話をいただきました。全体講演会の後には、4つの分科会に分かれ、講師の皆さんから、これまでの経験を伺いました。

 生徒たちは今日のお話を胸に、自分の五感を存分に使って、修学旅行を通して学びを深めてくれることと思います。

 

112年の伝統 クスノキの香り

 創立112年を迎える本校には、形を変えて引き継がれる伝統もあります。

 第1回卒業生の記念樹であるクスノキは、老朽化による倒木を心配し、残念ながら平成30年に伐採をされましたが、創立110周年記念事業として、各教室の表示板やキーホルダーとなって現在も大切にされています。

 キーホルダーを鼻に近づけると、クスノキの爽やかで優しい香りが広がりました。

  

アナ先生との楽しい授業

 9月から着任をした、ALTのアナ先生の授業を見学してきました。

 2年生の人文科学探究Ⅳの授業です。

 今日は、授業を履修している生徒との初回の授業ということで、アナ先生の出身であるジャマイカの紹介を

 クイズや動画を交えて行っていました。

 これからのアナ先生との授業が楽しみです。

 

自分の可能性を広げよう 進路資料室

 今日は本校の進路資料室をご紹介します。

 進路担当の先生方が常駐する進路指導室の隣には、充実した進路資料室があります。

 大学の過去の入試問題をまとめた「赤本」や、大学の学校案内など、生徒が自分の進路選択をする際に

 役立つ資料が多く揃っています。

 また、受験に不安になった際には、本校の卒業生が書き残してくれた大学受験のアドバイスを読み、

 励まされる生徒も多くいることと思います。

 生徒の皆さん、貴重な資料をたくさん活用してください。

 

1年生 データサイエンス講演会

 本校は、県教育委員会から「データサイエンス・AIリテラシーを活用できる高校生育成研究事業」の指定を受けています。これは、本校と熊谷高校の2校が対象校です。

 今日9月5日(月)の6時間目に、1年生を対象とした講演会を行いました。講師はNTTデータ株式会社より、山口智孝様をお招きし、「データサイエンスの企業視点でみた社会実装」というテーマでお話をいただきました。

 生徒たちは、これから各自の研究課題を設定し、ビックデータを活用・精査・分析しながら探究活動に取り組みます。データを活用し、根拠に基づく解決策をグループで協働し、導き出す予定です。

これからの社会では、情報活用能力や問題発見・解決能力等の育成が求められています。熊女では、これらの力の育成にも積極的に取り組んでいます。

 

2学期最初の土曜授業

  本日9月3日は土曜授業です。

  新学期が始まって3日目となりますが、生徒たちは日常のペースを取り戻してきているようです。

  各教室では、廊下側の窓やドアも開けるなど換気をしながら授業が行われています。

 また、生徒の机上には一人一台端末のiPadが置かれています。

 資料を確認したり、自分の思考を深めたりするなど、様々な場面でiPadを活用していました。