学校生活

パークマラソン

11月7日(木)、熊谷スポーツ文化公園にて、本校のパークマラソン(持久走大会)を実施しました。

日が陰る時間帯もあり、適度な気温で、走るにはちょうど良い条件でした。

今年は一部コースを変更して、約6.6kmの距離で、

フレッシュな1年生が、25分3秒で走り、2位を1分以上引き離して優勝しました。

当日は、PTAの方々にも運営にご協力をいただき、ありがとうございました。

スタート前

一斉スタート

先頭通過

普通救命講習会を開催しました

普通救命講習会を行いました。

日時:10/25(金) 13時30分~16時30分  

内容:心肺蘇生法・AEDの使用方法・応急手当の実習

場所:本校 さくら会館2階和室 

講師:熊谷市消防本部

対象:希望生徒・PTA保健委員・職員

 

熊谷市消防本部の方を講師としてお招きし、普通救命講習会を開催しました。参加者は、45名で、実習は3~4人のグループで行いました。3時間の講習もあっという間に感じられるほど、真剣に取り組むことができました。

参加者には、普通救命講習Ⅰの修了証が発行されます。

 

熊谷一日警察署長

令和元年9月19日(木)熊谷商工会議所にて秋の全国交通安全運動の出発式が行われました。

生活委員長である3年生の房野雛子さんが、1日警察所長を任命され交通安全宣言を行った後、熊谷市長・熊谷警察所長とともに、市役所前のロータリーにて交通安全の呼びかけを行いました。

修学旅行最終日

修学旅行最終日は、朝から雲一つない晴天でした。

嵐山でクラス別研修を行いました。

嵯峨野・嵐山散策に加え、保津川下りやお菓子作り体験を行うクラスもありました。疲れを見せることなく、元気いっぱいの最終日となりました!

京都駅前で解散式を終え、無事に新幹線に乗りました。これから埼玉へ帰ります!

明日は修学旅行の代休となります。体をゆっくり休めて、金曜日に元気に登校してください!

 

2019.8.21  日本薬科大学 高校生薬理実習に参加しました。

 2019年8月21日(水)の1日、日本薬科大学の高校生薬理実習に、本校からは生徒5名が参加してきました。参加校は5校で、埼玉県立熊谷高校、熊谷女子高校、熊谷西高校、本庄高校、伊奈学園高校、です。各々の高校と大学間で連携協定を結び、今回が初回となる薬理実習が企画され、校内で公募したところ、5名が参加をしたわけです。全体の参加生徒は44名でした。

 活動の詳細は、こちらを是非ご覧ください。

 

修学旅行3日目

今日は午前中雨でしたが、午後は天候が回復し、研修を無事終えました。

大阪での班別自主研修ではあべのハルカスや道頓堀に行く班もあり、京都での班別自主研修では着物姿で京都の街を歩く班もあり、充実した様子でした。

夕食では1組は「南禅寺 順正」、3•7組は「清水 順正 おかべ家」、3•4•5•6•8組は「祇園 かがり火」にて京料理を味わいました。

修学旅行も残すところあと1日となりました!
明日最終日は京都クラス別研修です。

2019.8.20 令和元年度 SSH指定女子高校等研究交流会(会場:お茶の水女子大学)に参加してきました。

 2019年8月20日(火)、例年実施している、SSH指定女子高校等研究交流会に、今年度も本校の生徒10名が参加をしてきました。

 本校は現在、お茶の水女子大学と提携を結んでおり、この研究交流会に参加してきています。

 昨年までの参加校は、埼玉県立浦和第一女子高校、川越女子高校、群馬県立前橋女子高校、栃木県立宇都宮女子高校、茨城県立水戸第二高校、本校の6校でした。今年度からは、さらに、お茶の水女子大学附属高校が加わることになり、7校連携となります。

 活動の詳細は、こちらを是非ご覧ください。

修学旅行2日目

今日は爽やかな快晴となりました。

朝、厳島神社を見学した後、京都・大阪・神戸に分かれての班別自主研修を行いました。

どの学習も充実していた様子でした。

ホテルでの夕食後には、修学旅行委員の企画した「お楽しみ会」も行われ、より一層生徒たちの絆が深まったように感じました。

明日の班別自主研修も実りあるものとなりますように!

2019.7.24~26  令和元年度SSH指定女子高校等合同 京都大学研修に参加しました。

 2019年7月24日(水)~26日(金)の2泊3日、令和元年度SSH指定女子高校等合同 京都大学研修に、本校からは生徒5名が参加してきました。参加校は、埼玉県立浦和第一女子高校、川越女子高校、群馬県立前橋女子高校、栃木県立宇都宮女子高校、茨城県立水戸第二高校、本校の6校です。

 活動の様子の詳細は、こちらを是非ご覧ください。

 

2019.7.22  GKP高校生下水道体験プログラム【水質分析体験】に参加しました。

 7月22日(月)の1日、GKP高校生下水道体験プログラム【水質分析体験】に参加しました。

 共催として、公益財団法人埼玉県下水道公社荒川左岸北部支社水質調査センターと、下水道広報プラットホーム(GKP)が、企画をしてくださり、準備から施設説明・実験実習、実施まで、すべて整えてくださいました。

 活動の様子の詳細は、こちらを是非ご覧ください。

 

修学旅行1日目

広島平和記念公園で、語り部さんのお話を伺いました。資料館では、じっくりと時間をかけて見学しました。充実した平和学習になりました。

その後フェリーで宮島に渡り、ホテルで美味しい夕飯を食べて、明日への英気を養いました。

明日は班別自主研修です!

修学旅行出発式

無事に予定通りの新幹線に乗れました。

元気良く行ってきます!

2学年修学旅行

2学年は、本日10月6日(日)〜9日(水)の4日間、広島、京都方面に修学旅行に行きます。

宮島で平家の歴史に触れ、広島では今年リニューアルされた資料館を含めた平和学習、京都ではその風情、伝統をしっかり学んできたいと思います。

アンサンブルマジョリティ部、ギターマンドリン部 活動報告

9月27日(金)県北地区高校音楽祭 熊谷文化創造館さくらめいと

 音楽祭2日目。熊女からはギターマンドリン部とアンサンブルマジョリティ部が参加しました。他校の演奏を聴ける貴重な時間でした。ゲスト演奏ではコントラバス奏者の鷲見精一先生の素晴らしい演奏とトークを聴くことができました。コントラバスのあたたかい響きに感動しました。鷲見先生、素敵な演奏をありがとうございました。

 

 吹奏楽だけでなく、合唱や楽器の演奏も聴くことができました。勉強になることが多かったので、今後の練習にも活かしていきたいと思います。

アンサンブルマジョリティ部 部長

 

 北部地区唯一のギターマンドリン部として、自分たちらしく楽しく演奏できました。他の団体の演奏も素晴らしく、聞いていてとても楽しかったです。また、学べることも多くあったので、今後の活動にいかしていきたいと思います。

 曲名

1. 海の見えるまち / 久石譲

2. Under the sea / アラン・メンケン

 ギターマンドリン部 部長

株式会社ビッグアイ様からの寄贈

9月12日(木)、「株式会社ビッグアイ」様が発行した「群馬銀行」様の「ぐんぎん地方創生私募債」により、本校図書館に書架が寄贈されました。

当日は、本校応接室で贈呈式が行われ、ビッグアイ代表取締役大嶋俊明様、取締役管理部長大嶋孝江様、群馬銀行熊谷支店倉田支店長様のご出席のもと、本校校長へ2台の書架が寄贈されました。いつまでも大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

  

 倉田支店長(左)、本校校長     寄贈品と大嶋取締役管理部長(左)

 大嶋代表取締役(右)        大嶋代表取締役(右)  

熊谷女子高校の将来を考える研修会

今熊女では、令和4年度の新学習指導要領に則った、新しい教育課程を作ろうとしています。

改めて「目指す学校像」を見直し、職員の共通理解のもと、将来を考えるための研修会を開きました。

「次世代の社会をリードする生徒」を育成するための指導、

「第一志望の進路を実現させる」ために必要なことを、少人数のグループに分かれ話し合いました。

変化の激しい社会に対応し、生徒の希望を実現させるためには、教員集団も学び続けて行く必要がありますが、

活発な議論の中で、互いの意思疎通ができたと思います。

2学年、修学旅行平和学習事前講演会

9月11日(水)に、2学年で修学旅行平和学習事前講演会を行いました。
広島被爆者後援会の理事長さんには、戦争の恐ろしさについて臨場感たっぷりに語っていただきました。
平和とは何か、生徒たちは深く考えながら真剣に聞いていました。

また、広島に送る千羽鶴も完成しました。
生徒たちが一羽ずつ心を込めて折りました。

  

体育祭(鈴懸祭 体育の部)

今年も、彩の国 くまがやドームを会場に体育祭が行われました。

魂入れ(玉入れ)、100m走から始まり、最後は応援合戦で盛り上がりました。

体育委員を始め、ダンメン、各クラス選出の委員等を中心に、生徒主体で取り組みました。

 

 

体育祭(鈴懸祭・体育の部)に車で来場予定の保護者の皆さまへお知らせ

体育祭当日に使用できる熊谷スポーツ文化公園内の駐車場は、6日(金)に行われるラグビーの国際試合の関係で制限され、くまがやドーム周辺の第6駐車場と第7駐車場のみが使用可能です。駐車台数は約600台と十分ありますが、一般の方、職員の方も使用します。可能であれば、複数で乗り合わせの上、ご来場ください。

熊谷スポーツ文化公園全体マップ

 

夏休み小中学校との連携活動

いよいよ夏休みが終了となりますが、夏季休業期間中に地域で行った連携活動を紹介します。

地元の中学校、富士見中学校さんには、学習指導の機会を与えていただきました。将来、教員を目指している生徒をはじめ、多くの生徒が参加しました。希望を募った際、応募者多数で、参加を遠慮してもらう状況になってしまう程でした。今回、指導した生徒たちは、初めて会った人に「教える」という難しさを知ることができ、貴重な体験となりました。

また、地元の小学校、熊谷東小学校さんには、このホームページで以前紹介した「ステップアップタイム<補充学習>」のほかに、水泳教室のお手伝いをさせていただきました。東小学校の卒業生もメンバーの中にいて、先生方から懐かしがられていました。初日の終わりには、模範演技(泳ぎ)を行い、児童たちから歓声をうけていました。

いずれも、生徒を指導する貴重な機会を与えてくださり、ありがとうございました。