剣道部ニュース

剣道部ニュース 鈴懸祭 たたき屋剣ちゃん

2年ぶりに、例年に近い形で文化祭が行われました。

文化委員を中心に考え、感染対策を取ったうえで、

保護者の方1名のみではありましたが、お客様をお迎えして実施できました。

剣道部も昨年できなかった「たたき屋剣ちゃん」で参加しました。

来てくださった方に楽しんでいただけたと思います。

剣道部ニュース 引退式・幹部交代

3年生最後の試合となるインターハイ予選が行われました。

1回戦 越谷総合 1(2)ー4(9)で勝ち、

2回戦 寄居城北 2(4)-0(1)で敗れました。

残念ではありますが、3人の3年生が試合に臨めたことは、

昨年度のことを思うとありがたいことでした。

 

引退式では、一人ずつ後輩たちに思いを伝えてくれました。

人数の多い代に挟まれて、試合経験の少ない中で幹部になり、

いきなり看板を背負って戦うなかで、3人3様の苦悩があったと思いますが、

頼りがいのある先輩になってくれました。

今後は、後輩を温かく見守るとともに、将来の希望に向けて勉強を頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新幹部が決まりました。練習内容もゼロベースで考え、それぞれが強くなっていきたいと思います。

 

剣道部ニュース 関東予選

5月10日に関東高校剣道大会県予選団体の部が行われました。

熊女は1回戦不戦勝で、いきなりベスト16シードの坂戸高校と対戦しました。

先鋒二本勝ち、次鋒分け、中堅取られて取ってまた取られ、副将取られて取り返し、一本リードの大将戦で大将が鮮やかに抜き面を決めて快勝。 熊女2(5)ー坂戸1(3)

続いて、関東をかけて淑徳与野と対戦しました。

先鋒二本負けの後を受け、交代した3年生が意地を見せ一本勝ち。中堅は押し気味に進めながら分け。副将は立ち上がり惜しい技で脅かすも決まらず、逆に先制されながら、見事に攻め崩して一本返し、最後返され負け。大将は二本追いかける場面で先制され万事休す。熊女1(2)-淑徳与野3(6)

結果的にベスト16で、関東出場は果たせませんでした。

しかしながら、まとまりのある戦い方ができ、もっとやれるという自信もつかみました。

試合前日には昨年度の部長が稽古や試合の相手をして、自分たちの気持ちも託すと激励してくれました。

インターハイをかけて戦うことができなかった先輩たちの思いを強く刻み込んで6月の大会に臨みたいと思います。

優勝 本庄第一  2位 川口市立  3位 淑徳与野 深谷第一 

 

剣道部ニュース 初段合格!

2月の四地区審査に於いて、2名初段に合格しました。

この二人は、高校入学後剣の道を歩き始めました。

中学時代は、美術と演劇という文化部に所属していましたが、

部見学をしているうちに剣道をやりたいという思いが抑えられなくなり、悩んだ末に入部しました。

同級生がよく面倒を見たおかげもあり、入部後一か月もしないうちに剣道具を着けて、

直後に試合にも出るという厳しい状況にも音を上げることなく頑張ってきました。

経験者だったら「これは無理だな」というようなことも、歯を食いしばって努力を続けてきました。

11月の1級合格に続き、今般の審査で初段をいただくことができました。

初心者として始めた2人が努力することが、他の部員への刺激にもなります。

部活動ができない中ですが、今後も互いに高め合っていきたいと思います。

剣道部ニュース 女子校杯剣道大会

12月20日に、本校を会場として表記大会が行われました。

2年前に高崎女子高校の顧問の先生の発案と尽力で開催され、今回が3回目となりました。

様々な錬成会や練習試合等も中止される中、感染症対策として、

選手はもちろん観覧の方にも、検温や体調チェックをお願いしたうえで実施にこぎつけました。

 

今年度は新型コロナウイルスの影響で群馬県の学校が参加できず、

剣道部のある県内公立女子校6校で覇を争いました。

各チームの力が拮抗し、ライバル心を持って白熱した試合が展開されました。

熊女は、Aチームリーグでは、僅差で2位、3チームで争われたBチームリーグでも2位になりました。

1勝、1本の重みを強く感じました。

 

各校の先生方や卒業生の方々に審判・役員の労を執っていただいたことに感謝するとともに、

来年度以降も永く続けられることを祈念いたします。

稽古会後、先生方や審判に来てくれた先輩との合同稽古後の集合写真

優勝トロフィー

 

優勝 春日部女子  2位 熊女  3位 川越女子  Bチームリーグ 優勝 春日部女子