ブログ

最近の進路行事

東京大学研究室訪問してきました

東京大学研究室訪問してきました

文化祭の代休1日目の7月12日(火)に東京大学大学院農学生命研究科附属アグロバイオテクノロジー研究センター環境保全工学研究室に訪問してきました。

毎年訪問させていただき、8年目になります。

9:35 東京大学弥生キャンパス正門入って左側にある「上野栄三郎博士とハチ公」像のところに集合

 

10:00 中島ホールにて、野尻教授より模擬授業を受講

 

11:00 研究室見学

 

見学終了後、大学院生(修士1年)の方から、高校時代の過ごし方や勉強方法のレクチャーを受けました。

13:00 訪問終了

東京大学本郷キャンパスに移動

安田講堂前で記念撮影

    

第2購買部で東大グッズを購入後、中央食堂で昼食

その後、赤門に移動して記念撮影

 

以上で解散

参加生徒は、模擬授業や研究室見学で最新かつ高度な研究成果を聞くことができ、勉強になり、また、楽しく過ごせたとの感想でした。

解散後、生徒たちは医学部などの校舎を見学していました。

今回の訪問に協力してくださった大学の先生や大学院生の方々に感謝です。

 

 

0

法政大学を招いて進学説明会を実施

6月16日(木)の放課後、法政大学の進学説明会が多目的室で行われました。2年生、3年生ともに多数の生徒が参加しました。15学部38学科を有する総合大学としての強みを生かしての教育プログラムの話を中心に、学部・学科選びのコツ、大学案内の使い方など具体的ですぐに役立つ話をしていただきました。

  

0

中央大学・明治大学 合同進学説明会

5月31日(火)の放課後、中央大学と明治大学の合同進学説明会が行われました。中央大学の説明は視聴覚室で、明治大学の説明は多目的室で行われ、2年生、3年生ともに多数の生徒が参加しました。

それぞれの大学から「校風の紹介」、「学部学科の紹介」、「カリキュラムの特色」、「卒業後の進路について」などのお話を頂きました。また、両大学ともに学校の授業で学ぶ基礎的な項目が試験に出題され、コツコツと毎日勉学に励んでいる生徒にぜひとも受験をして欲しいという言葉を頂きました。

 

0

2・3年生対象 難関大学受験説明会

5月24日(火)の放課後(中間考査終了後)に2・3年生対象の難関大学受験説明会が行われました。たくさんの参加があり視聴覚室1室では収まらなかったため、2年生はリモートで別室での聴講となりました。駿台予備校大宮校の兼松様より難関大学受験に向けた情報提供と受験に向けた心構えに関するお話を頂きました。

内容としては「難関大学志望者の推移」、「受験スケジュールの確認」、「入試方式について」、「難関大学の魅力」、「これからの勉強について」などをお話しいただき、生徒たちの受験に対する意識が高まりました。

  

0

3年生 分野別ガイダンス

3年生では進学希望分野別にガイダンスを行っています。5月16日は教育系を志望している生徒向けにガイダンスが視聴覚室で行われました。進路指導主事から「教員免許の種類について」「教育学部とその他の学部の違いについて」「国立大学と私立大学の違いについて」「小学校、中学校、高校の専門性の違いについて」などの話がありました。先生になりたい生徒たちが多数集まり、真剣に話を聴きメモを取っている姿が印象的でした。

0

3年進路オリエンテーション

4月11日(月) の2限に体育館で3年生対象の進路オリエンテーションを開催しま した。

内容は受験生としての心構え、受験スケジュール、 受験方式の違い、 勉強の進め方などで進路指導主事より全体に向け説明をしました。生徒たちはメモを真剣に取りながら聴き、 自分の進路についての知識をより深められたと思います。

いよいよ受験学年としての3年生がスタートしました。 それぞれが満足のいく進路選択をしてくれるものと期待しています 。

0

合格体験を聴く会

3月23日(水)この春進学する卒業生の「合格体験を聴く会」が行われました。

第一部の全体会では1,2年生が3人の卒業生(名古屋大、東京外語大、早稲田大に進学)のお話をリモートで聞きました。第二部では9の分科会に分かれ、2年生が参加しました。 

進路を決める経緯から、「やはり勉強しなければ合格はできない」「入試問題はできなくても早めに一回解いてみること」「自分の勉強のやり方を見つけることが大切」と受験を経験した先輩ならではの貴重なお話ばかりでした。また「勉強も大切だけれど、将来の進路を考え、志望校についてよく調べることも重要」「受験は何度でもできるかもしれないけど、高校生活は一度きり、悔いのないように過ごして」という心に響くアドバイスもいただきました。特に受験学年となる二年生は、進路実現に向けて思いを新たにしたと思います。

0

埼玉県立大学出張講座

 2月18日(金)埼玉県立大学 看護学科教授、添田啓子先生による出張講座が行われました。
看護系を希望する1・2年生、約50名が参加しました。今年度はコロナ禍のためリモートでの実施となり、分散登校中のため登校している生徒は視聴覚教室で、登校していない生徒は自宅からリモートで受講しました。

 前半は「看護学入門」と題して、実際の実習の様子を交えて講義があり、看護について考えを深めることができました。途中リモート参加の生徒に先生が質問される場面もあり、大学のオンライン授業を体験する機会にもなりました。

 後半は県立大3年生で本校卒業生2名の方から、受験勉強、学生生活についてのお話を伺いました。「受験では、最後まで勉強することで自分に自信がつく」「大学では同じ志を持った人と一緒に勉強できるのがとてもよい」「学んだことを実習で活かせることがとても楽しい」と、モチベーションがあがるお話をたくさんいいただきました。

 出張講座の終了後には、進路指導部から、今やるべきことについてお話がありました。小論文、面接対策として、日頃から新聞、ニュースを見て時事問題に関心を持つこと、読書をして読解力をつけること、また医療に携わるものとして人の痛みをわかることの大切さについてなどいろいろな観点から受験に向けての心構えを知ることができました。 

0

卒業生の話を聴く会

本校では卒業生に来校していただき、先輩の体験談や学生生活などについてお話しをしていただく機会を多く設けています。

本日(2月8日)も、明治大学4年生の徳茂先輩に来校していただきました。
1・2年生の希望者40名が参加し、放課後の時間帯を利用して約1時間、先輩の話を聴くことができました。
冒頭、先輩から本日の話の流れの説明があり、その後QRコードをスクリーンに映し出し、生徒が各自のスマートフォンで読み込んで質問を送るという、「聞きたいことはすぐ聞く」というサイトを利用して、各自先輩に質問を入力して送信していました。

質問した内容にも触れていただきながら、受験勉強、大学や学部を決めた理由、キャンパスライフ、留学についてなど多方面から先輩の体験談を聞かせていただきました。終了後も、多くの生徒たちが先輩を囲んで質問をしていました。

先輩は4月から、英語教員として教鞭をとられるそうです。生徒たちは先輩の話に刺激を受けて、自分の進むべき道を見つけてくれることと思います。徳茂先輩、本日は後輩たちのためにありがとうございました。

0

キャリア教育 1年生進路講演会

2月2日(水)キャリア教育の一環として、2名の先輩に来校いただきました。

医師と編集者のお二人で、今の仕事の話、熊女時代の話、今熊女生に戻ったらやりたいことについて、スライドを用意してわかりやすく語ってくださいました。「今を大事に」「読書しよう」等生徒の心にも響いたことと思います。「自分も人前で話すのは緊張するがどうしたらよいか」等質問も出ていました。自分の進路を考える事につなげてほしいと思います。

0