ブログ

最近の進路行事

難関大受験説明会

7月31日終業式後の放課後、難関大受験説明会を実施しました。

3年生は64名、2年生は20名参加しました。

駿台予備学校大宮校校舎長の目黒賢さんによるオンラインでの講演です。

 

 

なぜ今、高大接続改革をおこなうのか、なぜ第一志望の大学をめざすのか、志望校に合格する人とは、

第一志望大合格者タイムスケジュール、2020年度入試結果、2021年度入試、模擬試験

などなど、豊富なデータをもとにお話をいただきました。

 

以下、生徒アンケートからの抜粋です。

「共通テストの対策としては、基礎をしっかりと使えることだとおっしゃっていたので、

学校の勉強を基本から完璧にできるようにすることが大切だとわかった。」

「まだ3年生でないからと甘えずに、今からしっかり準備して第一志望の大学に行き、夢を叶えたい。」

難関大受験への意識や意欲が高まったようです。

0

進路座談会第2弾 国立大・私立大入学者5名を囲んで

7月21日(火)放課後の時間を使って、卒業生を囲んだ進路座談会の第2弾を実施しました。

今回お呼びしたのは、埼玉大学2名(教育学部、工学部)、国際基督教大学(教養学部)、学習院大学(文学部)、日本女子大学(家政学部)の5名の方です。

            

5名の皆さんが、それぞれの志望校選びのポイント、3年生の夏休みの過ごし方、受験勉強のアドバイスなどを

分かりやすく話していただきました。

「推薦入試を受けなくても、自分が志望する大学に本当に行きたいのかを確認するために、志望理由書みたいなものを書いてみても良いのでは!?」(早めに志望を固めるのが合格の近道)

「夏休みの勉強していて偏差値が上がらなくても気にしない!結果が出てくるのは早くて11月!」(焦らない)

「英語の勉強の極意は、単語⇒熟語⇒文法⇒構文⇒長文の順でやりましょう。」(複数の人の言葉)

「問題集は最低でも3回やりましょう。」「夏休み中、スケジュール表をつけましょう。」

「理系の人でも文系の科目を捨てることはしないで。大学入学後も必ず教養として必要。」(そのとおり!)

「コロナ禍で厳しいかも知れないが、機会があったらオープンキャンパスに参加して欲しい。大学とのフィーリングが大切。」

「受験勉強は、息抜きがとても大切。1週間に1回はそういう時間を作って。」(複数の人の意見)

など、大変貴重な話しがたくさん出てきました。

                     

全体会の後は、文系・理系に分かれての分科会となりましたが、先輩が活用したスケジュール帳を写メしたり、問題集を紹介してもらったり、連絡先を交換したり、時間がオーバーするくらい熱心にアドバイスを受けていました。

今日参加した3年生にとって、とても有意義な時間となったのではないでしょうか。

卒業生の皆さん、時間を取っていただきありがとうございました。

 

0

3年生対象に看護医療系説明会を実施しました

7月2日(木)放課後、3年生対象に看護医療系説明会を実施しました。

予備校の講師の方に、看護医療系の大学・短大・専門学校の入試対策について、丁寧な説明をしていただきました。

      

受講した40名近い生徒の感想には、

「自分がこの仕事をやりたいのかについて、徹底的に追求していきたい。」

「面接対策ノートを作り積極的に活用したい。」

「コロナの影響で体験会が無くなったと思っていたが、開催していると聞いて是非参加したい。」

「看護志望ではないが、見聞を広めたいと思い参加した。命に向き合う仕事の大変さ、大切さを知った。」

「大学で学ぶこと、専門学校で学ぶことの整理がついた。併願校選びに活かしていきたい。」

などがありました。

今回の説明会が生徒自らのモチベーションを上げる良いきっかけとなったのではないでしょうか。

0

進路座談会 ~東京外国語大の先輩を囲んで~

進路座談会~東京外語大の先輩を囲んで~

 6月27日(土)東京外語大に進学された卒業生お二人を迎えて、進路座談会を行いました。

 進路をどうやって決めたか、受験勉強についてや、大学生活について、留学、また就職についてまで、具体的なお話をしていただきました。特にミャンマー語やロシア語といった言語・文化をなぜ学ぼうと思ったかもお話ししてくださり、大学で学ぶことについて考える良い機会になりました。和やかな雰囲気の中、参加した生徒は真剣にいろいろな質問をしていました。「実際の大学生の方の話を聞く機会はあまりないので、とても貴重な時間になりました。」「受験についてや留学のことなど親身になって話してくださり、勉強のモチベーションが上がりました」など、生徒にとって、とても有意義な会となりました。

0

進路オリエンテーション

学校再開初日に、各学年で進路オリエンテーションが行われました。

進路を考える上でのポイントについて、進路指導部よりスライドを用いて説明がありました。

久しぶりの学校で、各学年とも緊張気味でしたが、集中して話を聞いていました。

将来の目標に向かって、これからも熊女生はがんばります。

0

2年生保護者対象の進路ガイダンスを実施しました

2月15日(土)土曜授業が実施された午後の時間に2年生の保護者対象の進路ガイダンスを開催しました。
本校食堂での実施となりましたが、会場には200名近い保護者の皆さんにお越しいただきました。
今回の開催は、現2年生が受験することとなる来年度の新テストが、英語民間試験導入の延期や記述式問題の見送りを受け、最新の情報を保護者の方にお知らせすること、そして、1年後に迫った受験に向けた保護者の心構えをお知らせするために、保護者からの要望も踏まえて実施することになりました。
1時間余りの会は、校長挨拶、進路指導主事からの説明という形で実施しました。

  

0

『高校生のための教員志望者説明会』を実施しました

12月24日(火)終業式後の午後、県教育委員会の職員の方をお招きして、1・2年生対象に「教員志望者説明会」を開催しました。会には1・2年生の希望者86名が参加しました。

講師の大島祐美子主任は本校の卒業生であり、後輩を前にして教員の職務などについて分かりやすく説明していただきました。

在校生たちも身近な先輩の説明に真剣に耳を傾けていました。

本校卒業生で埼玉県に採用される教員数は、県内高校の中で毎年トップ5を維持しているとのことです。

今回の参加者の中からも、将来、埼玉教育を担う優秀な人材が必ずや出てくることでしょう。

0

熊女リケジョ育成プログラム 理工学部研究室訪問

熊女リケジョ育成プログラムの一環として、11月14日(木)の県民の日、慶應義塾大学理工学部(矢上キャンパス)に研究室訪問してきました。

当日のプログラムは

【午前】

 数理科学科

  模擬授業(球面三角形の幾何学)、大学院生の研究発表および懇談、数理科学科図書館見学

【午後】

 電気工学科

  研究室のミーティングに参加、研究室実験装置見学

 本校OG(現役大学生)による

  日吉キャンパス(教養課程キャンパス)案内、懇談会

数理科学科の大学院生の研究発表は、現代数学による証明で特別な三角形の組を発見したというものでした。「辺の長さが全て整数となる直角三角形と二等辺三角形の組の中には、周の長さも面積も共に等しい組が(相似を除いて)たった1組しかない」という定理(平川-松村の定理)です。定理自体は小学生でもわかる内容であり、この発見は大変画期的で、大学のHPにも取り上げられています。証明者本人から話を聞くことができ貴重な体験でした。

 

また、数理科学科の図書館は洋書がほとんどで、理系でも英語の勉強が大切だということを感じてきました。

生徒たちは、理系進学を目指すにあたり、とても刺激を受けて帰ってきました。

<生徒の感想>

・大学は小中高とは違い、とても自由なんだと思いました。大学院生の研究発表を聞いて、私もあのような大学生になれるのか不安になりましたが、熊女のOGの方が、今何をやればいいのかなど色々教えてくださったので、まずは今できることからやっていきたいと思いました。

・球体に三角形を書くという模擬授業は途中までしか理解できませんでしたが、パズルのように少しずつ答えを導いていく数学の楽しさを感じることができました。

0

3年生勉強合宿スタート

7月22日(月)~24日(水)の3日間、3年生73名が秩父で勉強合宿をスタートさせました。
勉強漬けの2泊3日を過ごし、夏休みのスタートダッシュを切ることを目的としています。
初日は、在校生にエールを送っていただくべく卒業生の講演を聞きました。
     
 現在医師をされており、ストレスへの対処法について最新の研究成果をもとに
 話していただきました。大事なのはセルフケアで、「食う、寝る、遊ぶ」が大事。
 特に遊ぶ(気分転換)について、日頃から紙に書くことを薦めておられました。
 講演された方は、最近タピオカにはまっているそうです。 3nensneibenkyougassuykusue

0