学校生活

埼玉県英語スピーチコンテスト準優勝

6月17日(金)に第25回英語・日本語スピーチコンテスト 埼玉県大会
(埼玉県国際教育研究協議会主催)が獨協大学で開催され、
2年生の岡島実由さんが見事準優勝(JICA東京国際センター所長賞)に輝きました。

岡島さんのスピーチのタイトルは "No Hunger in the Future" で、
世界の食料問題を調べて日本の食品浪費問題と結びつけて話し、
非常に流暢な英語で、自分が解決のために何ができるかを訴えました。

今後も国際的な視点でものを考える生徒が増えることを期待します。
  

青学・中央・法政大学の説明会を開催

 

 6月7日(火)、青山学院・中央・法政大学を招き、大学説明会を実施しました。
 2年・3年 合計131人が参加し、各大学の説明に耳を傾けていました。
 説明会後は、個別相談会も行われました。
 説明を聞きながら、熱心にメモを取っている生徒が多く、進学に対する意識が高められたようです。

  

      《青山学院大学の説明会》              《中央大学の説明会》

   
        《法政大学の説明会》              《個別相談会(中央大学)》


難関大学説明会を開催

 

 5月26日(金)、駿台予備学校の瀧さんを講師に招き、難関大学説明会を実施しました。
 2年・3年 合計137名が参加し、熱心に聴講していました。
 質疑応答では、積極的な質問が飛び交いました。
 各学年の感想を、以下に掲載します。
 
 【3年生】

 現役合格者のスマホ使用時間のデータ、アドバイスを読んで自分の考えの甘さ、焦りを感じました。
 勉強の妨げにならないようにしようと思います。基礎を固めつつ、日々着実に勉強します。
 
 【2年生】

 私は4月から志望校のレベルを上げましたが、偏差値がかなり足りず、どうしたらよいか悩んでいます。
 しかし今日の説明会に参加し、悩んでいるなら勉強しよう、英単語を覚えようと反省しました。
 最後まで諦めずに頑張りたいと思います。

 

 

 

 
 

離任式

 4月22日(金)に本校体育館で平成28年度離任式が行われました。
 昨年まで熊女で大変お世話になった先生方が上級生や先生方にお話をしてくださり、上級生は、先生方との思い出に懐かしそうに相槌を打ったり、激励のメッセージに真剣に聞き入っている様子でした。最後に花束贈呈とお礼の言葉が在校生から贈られました。
 離任された先生方、本当にありがとうございました!

新入生歓迎会

4月11日(月)に体育館で新入生歓迎会が行われました。上級生が新入生のためにさまざまな工夫を凝らし、各部活のパフォーマンスや先生紹介は大いに盛り上がりました。また、これからの熊女生活を想像させるようなビデオアルバムを新入生は見入っているようでした。











入学式・対面式

4月8日(金)に本校体育館にて平成28年度入学式・対面式が行われました。
天候は穏やかで、玄関前の枝垂桜も今日を祝福するかのように満開で新入生を迎えました。新入生のみなさん、今日の新鮮な気持ちを忘れずに、3年間充実した学校生活を送ってください。

春休みの1日

 暖かい日が続きます。春休みに入り、学校も全体的にのどかで、部活動の生徒が活動している程度です。熊女の花も徐々に花開き始めました。
 
    職員室の華道部による生花            しだれ桜は入学式が見頃?
 
        庭の桜は3部咲き             ソフトテニス部は今日は校庭で 
 
     ハンドボール部も練習へ              鈴掛の木はまだ冬眠中?
 
       アンマジョは個人練習             事務室前のプランターは満開

終了式

 本日、平成27年度の修了式をおこないました。校長先生からは今年度各自ががんばったことの振り返り、来年度のさらなる向上を期待する話がありました。その後、進路指導主事の閑野先生より昨日の合格体験談を聴く会をふり返っての進路に係る話、表彰(英語弁論大会、文芸部、卓球部、ギターマンドリン部、書道部、音楽部、美術部、アンサンブルマジョリティ部)をおこないました。
 明日から春休みです。それぞれが有意義に過ごし、4月8日の始業式に集ってくれればと思います。
 
         校長先生の話                      各部表彰

入学説明会

 
 3月17日(木)の午後に入学許可候補者説明会が開催されました。
中学校を卒業したばかりの熊女入学予定の生徒が、中学校の制服で
保護者とともに集まりました。
 最初に音楽部のミニコンサート、授業料や、図書館、保健部、
SSH担当などからの説明があり、後半は生徒のみ教室へ行き、
これから使う教材を受け取り、明日以降の説明を受けました。
 皆さんはとても緊張していて、受け取った教材と春休み中の課題の
量の多さに驚いている様子でした。

卒業式・在校生の「送る言葉」


 3月15日(火)に第68回卒業式が挙行されました。高崎線電車の遅れのため、
3時間遅れで午後1時から開始になりました。3年生生徒360名が学校を巣立っていきました。


(左)校長式辞 (右)PTA会長様 祝辞

(左)(右)卒業生

(左)退場の際に後輩、保護者へのメッセージを送る卒業生 (右)退場する卒業生



『送る言葉』
 頬を伝わる風が和らぎ、降り注ぐ柔らかな日ざしに春の訪れを感じる季節となりました。本日晴れて卒業式を迎えられた三年生の先輩方、ご卒業おめでとうございます。
 今この瞬間にも、熊谷女子高校で過ごした沢山の思い出が頭をよぎっていることと思います。お別れに際して目を閉じると、私たち在校生にも先輩方と共に過ごしたかけがえのない思い出が蘇ってまいります。
 入学後に行われた新入生歓迎会での迫力あるステージや声援、体育館全体が一体となった雰囲気は今でも強く印象に残っています。そしてこれから始まる高校生活に胸を躍らせると共に、先輩方に憧れを抱きました。先輩方には部活動や委員会、学校行事など多くの場面でお世話になりました。部活動では私たちに丁寧に、そして何度も指導してくださいました。
 私たちが成長できたのは先輩方のおかげです。二年生となって初めて分かった先輩方の苦労や責任感。時に厳しく、本気でぶつかってくれたことへの感謝の気持ちを、身をもって感じました。
 先輩方は勉強、部活動、学校行事、すべてのことに全力を尽くしていて、その姿はいつでも私たちの目標でした。朝、昼、放課後、目標に向かって真剣に勉強していた姿。部活動を最後まで悔いなくやり遂げていた姿。決して妥協せず、仲間と協力して文化祭や体育祭を大成功に導いていた姿。先輩方のその姿が私たちに熊女生というものを教えてくださいました。私たち在校生も先輩方を見習って、後輩の見本となるよう精いっぱい精進していきます。
 私たちは、優しく、頼もしく、いつも輝いている先輩方が大好きです。しかし、そんな大好きな先輩方が明日から同じ制服を着ることも、笑いあうことも出来ないのかと思うと寂しさが込み上げてきます。私たちは先輩方の後輩になれて幸せでした。言葉では伝えきれないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。
 長い人生の中の高校三年間はわずかな時間です。しかし、この熊女で過ごした三年間は一生忘れることのできない宝物になったことだと思います。そして今、先輩方は新たな一歩を踏み出そうとしています。そこに広がる世界では大きな壁にぶつかることもあるかもしれません。その時はこの高校生活で過ごした日々と、決して諦めない熊女魂で乗り越えていってください。先輩方ならきっと夢を実現できると信じています。
 最後になりましたが、卒業される先輩方の、今後のご健康とご活躍を心よりお祈り申し上げ、送る言葉と致します。 
              在校生代表 石川(今年度前期生徒会長)


 (左)卒業式実行委員会が制作した花看板 『挑』  (右)多くの方から祝電をいただきました