陸上部 活動報告

陸上部 学校総体 関東大会出場 ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

 5月9日(土)~12日(火)に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で学校総体が行われました。

 1500mと800mで3年生の中島さんが両種目とも2位となり、6月19日(金)から山梨県甲府市の小瀬スポーツ公園で開催される関東高校陸上競技大会に出場することになりました。

 この大会はそれぞれの種目に北関東4県から6名ずつ合計24人が出場し、6位以内になると全国大会の出場権が得られます。昨年も関東大会までは出場しましたが全国には届かなかったので、今年は是非とも全国に駒を進めてもらいたいと思います。

 他の主な結果は以下のとおりです。

 100m  小久保さん(3年)    準決勝進出
 800m  坂本さん(2年)       準決勝進出
  400mH   逢坂さん(3年)     準決勝進出
  〃      横田さん(2年)       準決勝進出
 5000mW  森下さん(3年)       8位入賞
 4x100mR  土岐さん(3年)-小久保さん-横田さん-小林さん(2年) 準決勝進出

 詳しい結果については埼玉陸上競技協会のHPをご覧ください。 

 これからも応援よろしくお願いします。

陸上部 北部学校総合大会 総合2位 (*∩ω∩)

 4月25日(金)~27日(日)の3日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で北部学校総合大会が開催されました。7月末の全国インターハイへつながる最初の試合です。

 熊女は総合で2位、のべ21種目で入賞し、25種目で県大会への出場権を獲得しました。

 県大会で6位に入賞すると次の関東大会への出場権が得られます。県大会までは短い期間ですが、今までの練習の成果を出し切れるよう練習に励んでいきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

陸上部 ふかやシティーマラソン 入賞 ≡≡≡ヘ( ^^)ノ

 2月22日(日)学年末考査直前でしたが、第9回ふかやシティーマラソン大会の5kmと10kmに参加してきました。近年のランニングブームでこのような市民マラソン大会が多く開催されています。熊女陸上部も年に数回、このような市民マラソン大会に参加しています。

 結果は、初めて10kmの距離に挑戦した1年生の吉田采華さんが4位に入賞しました。また、5kmでは2年生の中島さんが優勝しました。招待選手の大学生にも勝つことができました。他の選手もトラックレースよりも長い距離を完走することができました。

陸上部 ジュニア選抜競歩大会 C= C= C= C= ┌(;・_・)┘トコトコ

 2月15日(日)に兵庫県神戸市で行われたジュニア選抜競歩大会に2年生の森下さんが参加しました。この大会は全国から参加標準記録を突破した選手が参加します。結果は1月にトラックでだした自己記録をさらに更新できました。
 森下さんは高校に入ってから陸上競技を始め、競歩は2年生になってから始めました。県大会以上の大会への参加は初めてでした。この経験を次につなげていってほしいと思います。

 また、同時に行われた、日本選手権20km競歩には熊女の先輩が3名出場し、岡田久美子さん(ビックカメラ)が優勝しました。


森下さんの感想です。

 今回、ジュニア選抜競歩大会に参加しレベルの高い選手と歩いたことに、とても刺激を受けました。自己ベストを出すことは出来ましたが、満足のいく結果ではありませんでした。春の学校総体で戦う埼玉の選手の成長に驚くとともに、このままでは新人戦のようにあと少しで関東に行けないというような結果になってしまうという危機感を感じました。次の目標は、関東大会に出場することですが、その上のインターハイにも出られる選手に成長したいとおもいました。また、日本選手権20kmで優勝した岡田さんをはじめ熊女の先輩の活躍している姿はとてもかっこよかったです。

陸上部 日本ジュニア室内大会 2位入賞 (๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ! 

 2月8日(日)に大阪城ホールで開催された「2015 日本ジュニア室内陸上競技大会」で、2年生の中島さんが1500mで2位に入賞しました。

 この大会の参加標準記録は4分35秒00で、中島さんは10月の関東選抜新人での記録で出場しました。全国から31名がエントリーし4~5人の組に分かれ、合計7組のタイムレースが行われました。中島さんは6組目で1着となり、全体では2位の記録でした。


中島さんの感想です。
 今回、初めての全国大会で表彰台にのぼることができたことは、とても嬉しいし、自分でも少し驚きました。少しずつ積み重ねた努力が少し報われたような気がしました。
 私の朝練のために毎日朝早くに起きて朝食とお弁当を作ってくれるお母さんや、私たちのために一生懸命働いてくれるお父さん、他の仕事も沢山あり忙しい中でも指導してくださる久保先生、他にも本当に沢山の人の支えがあって出せた結果だと思います。
 周りへの感謝を忘れず、最大の目標である「全国インターハイ出場&入賞」に向けて、残り少ない時間を有効に使っていきたいです。