熊女日記

充実の旅 2年生修学旅行

 現在2年生は修学旅行中です。

 事前の体調管理もしっかりと行い、感染予防対策に努めて実施をしています。

 神戸・京都・大阪などを訪れ、震災学習や歴史に触れることを通して見聞を広めます。

 出発前日の説明も、集中して担当の先生の話を聞いていました。

 多くの体験や刺激を受けてきてくださいね。

 

 

授業紹介 着眼点の提示 

 今回は、世界史と生物基礎の授業紹介です。

 3年生の世界史授業では、生徒たちは地図を活用しながら、視覚的にも思考を整理していました。

 授業者の先生も、「この内容は、大学入試では地図と絡めて出題されるよ」「ここは入試で頻出ですよ」と大学入試を踏まえて、ポイントを示していました。

 1年生の生物基礎の授業でも、前時までの学びを踏まえて問題演習を行っていました。腎臓の働きについて、「この問題で問われていることは何か」「どの知識を活用するのか」を明確にしながら授業を行っていました。生徒たちも自分のiPadを活用しながら、学びを深めていました。

授業紹介 知識をつなぐ、働かせる英語

 今日は3年生の時事英語の授業を紹介します。

 大学入試問題を教材にして学びを深めていました。

 1つのクラスでは、文章構造を的確に捉えながら文章を読み進めています。授業者の先生の発問に対し、生徒はペアワークを積極的に行いながら理解を進めていました。

 もう1つのクラスでは、似ている2つの英文を提示し、どのように訳が変わってくるのかや、文章内容と関連してフランスと日本を比較させるなど、生徒に考えさせる場面を多く設定していました。

 どちらの授業でも、生徒は自分の疑問点や理解しきれていないことを付箋やノートに書き込みをするなど、工夫をしながら学習に取り組んでいました。

 

授業紹介 芸術の秋

 今回は、音楽と書道の授業を紹介します

 音楽の授業では、発声練習や体をほぐすストレッチから授業スタートです。中島みゆきさんの「糸」をソプラノとアルトに分かれて2部合唱していましたが、授業者の先生の助言を受けて、生徒の声もどんどんと柔らかく伸びやかに変わっていきます。生徒たちはその日によって、ソプラノ・アルトを自分で選択してパートを担当しているようでした。その後は、ドイツ語の歌唱練習をしたり、音楽史や作品の背景理解を深めていました。

 書道の授業では、書画カメラを活用し、授業者の先生が範書をする手元を生徒に投影し、書き方のポイントを解説していきます。生徒たちは、それを見て、自分の手元にある手本にも自発的にポイントを書き込んでいました。

 机間指導や添削指導により一人一人の生徒に丁寧に助言をしており、生徒たちも、自分の作品に赤丸をつけてもらい嬉しそうです。

 どちらの授業においても授業の振り返りシートを活用し、自分の学びの成果や課題を確認していました。

 

先輩に学ぶ 1年生キャリア教育講演会

 本日9月26日(月)6・7時間目に、1年生対象のキャリア教育講演会を実施しました。

 社会の第一線で活躍する先輩として、卒業生の神宮桃子さん(朝日新聞文化部記者)、石川麻乃さん(東京大学大学院准教授)のお二人を講師にお招きしました。

 新聞記者として国内のみならず海外でも取材を行う神宮さんや、生物学者として自分の研究室をもちながらテーマへの研究を続ける石川さんからは、社会人になってからどんな仕事を担当してきたのか、職業選択について、働くことの意義、女性としてのキャリア形成など、ご自身の経験を踏まえて生徒たちにお話しをいただきました。

 講演後には、生徒から積極的に質問がなされ、生徒自身も「20年後にどんな自分でありたいか」を考えたことと思います。