熊女日記

この夏2回目 部活動体験会

 本日8/26(金)は、この夏2回目の中学生対象部活動体験会を開催し、事前申し込みをいただいた、多くの中学生・保護者の皆様に参加をいただきました。

 密を避けるため、受付場所も2か所に分けて設定をし、本校生徒が中学生たちを各会場に案内し、体験スタートです。

 中学生の皆さん、熊女での体験はいかがでしたか。楽しく活動ができたことと思います。

 中学生をお迎えする前に、本校の美化委員会の生徒たちが、校内をきれいに清掃してくれました。

 きめ細やかなおもてなしの心も、熊女の良き伝統です。

 

3年ぶり 体育祭応援合戦練習

 2学期は9月1日から始まりますが、朝の校庭では、9月15日の体育祭に向けた練習が始まっています。

 本校の体育祭(鈴懸祭 体育の部)の大きな特徴は、3学年の縦割りで行われる応援合戦(ダンスパフォーマンス)です。

 新型コロナウイルス感染症のため、この数年は応援合戦は実施できておらず、縦割りの中心となる3年生も初めての経験となります。そのような中ですが、校庭での練習の様子を見てみると、密にならないように距離を保った動きを取り入れるなどの工夫をしながら、下級生に動きの指示を出していました。

 朝の練習も、9時からの進学補習や部活動に参加できるよう、時間を決めて集中して行っています。さすが熊女生です。

 

112年の歴史をつなぐ貴重な写真

 明治44年に開校し、創立112年を迎える本校には、多くの貴重な資料が所蔵されています。

 先日も、熊谷市教育委員会の方々がお見えになり、熊谷市の歴史をたどることのできる写真や資料、

本校 日本史部の生徒たちが、テーマをもとに代々まとめてきた部史「もののふ」をご覧になりました。

 貴重な資料の多くは、本校の同窓会組織である「さくら会」の皆様から寄贈いただいたものです。

 3万7千名を超える卒業生の皆様がつないできた熊女の歴史の重みを感じ、「まっすぐに、しなやかに」

「かざさん 花の冠を」「出る杭は打たれない」これらの熊女の良き校風を大切にしていきたいと思います。

 

お茶大での学び 7女子高校夏の実習

 昨日8/17(水)は、生徒と一緒にお茶の水女子大学での研究交流会に参加をしてきました。

 これは、お茶の水女子大学と高大接続連携を結んだ7つの女子高校が、お茶の水女子大学の講座を受講し、

他校の生徒たちと学び合ったり、大学院生と懇談をしたりするものです。

 本校の生徒たちも希望する講座での実習に参加し、「ジェンダーイノベーション 新しいトイレの設計ワークショップ」「昆虫の行動を計測する」「新時代のコンピューティング」など、大学での学びを体験しました。

 大学の先生からは、「今日の経験を自身のキャリアプランに生かしてほしい」というお話をいただきました。

 参加生徒たちは、学びと社会とのつながりを発見したり、好奇心を高める機会になったことと思います。

 生徒の皆さん、本校のもつ大学連携や他機関連携を存分に活用し、自身の世界を広げてください。

 

明日17日予約開始 学校見学会

 8月8日の投稿でもご案内しましたが、本校では9月以降、6回の学校見学会を予定しています。

 そのうち、第1回(9/17)、第2回(10/15)、第3回(10/29)についての予約を、明日8月17日(水)12時より本校ホームページで開始します。

 見学会は、本校を会場とし、いずれも土曜日(10:50~12:40)です。授業見学、学校全体説明、その後、部活動見学となっています。

 この夏に開催をした、北部進学フェア、学校説明会、部活動体験会に参加をしてくださった中学生・保護者の皆様、本校への受験をお考えくださっている中学生・保護者の皆様、ぜひ熊女生のはつらつとした様子を直接ご覧ください。

 お申込みをお待ちしております。

 

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

「令和4年度学校説明会等スケジュール」 https://kumajo-h.spec.ed.jp/page_2020071700