学校生活

卒業式

 
3月14日(土)に本校第67回卒業式が開催されました。

500名を超える保護者の方が参加され、体育館がいっぱいになりました。

360名の卒業生が3年間の思い出を胸に、それぞれの進路へと旅立っていきました。
★「続き部分」に卒業式実行委員長(2年生)からのメッセージを掲載しましたので、
ぜひお読みください。


 
卒業式実行委員長より
卒業式実行委員会では例年、花看板を制作しています。
 今年の花看板のテーマは「煌き」です。煌めく熊女生ということで、
卒業してもそれぞれの地で光り輝いてほしいという想いが込められています。

 今年は花看板とは別に、垂れ幕を縦割りクラスで制作しました。これは例年と違い
新しい企画で先輩方に喜んでもらいたいという想いから発案されました。
制作するためには何が必要なのかを考えるのが一番大変でしたが、委員会のみんな、
先生方の助言や支えによって実現することができました。
 卒業式当日は実際に先輩方に見てもらうまで不安と緊張でいっぱいでしたが、
紹介した時の歓声を聞いて、喜びとともに達成感を味わう事ができました。 
先輩方の一つの思い出として残ってくださると嬉しいです。(委員長 山本)

予餞会

3月13日(金)に本校体育館で予餞会が行われました。
3年生の卒業を、部活動、有志、3学年教員の
歌、パフォーマンスで祝いました。

(左)ソフトテニス部  (右)新体操部

(左)新体操部  (右)英語劇部

(左)英語劇部  (右)テニス部

(左)司会の生徒の物まね  (右)チアリーディング部

(左)3年教員の出し物  (右)学年主任がだるまに目を入れる

(左)最後に輪になって歌う  (右)退場

ハンド・バスケ大会(3/12試合結果を追加しました)



3月11日(水)、12日(木)ハンド・バスケ大会です。1年生はハンドボール、
2年生はバスケットボールのクラス対抗戦を行います。1日目の11日は
前日までの雨でグランドがぬかるんでいて一部しか使えなかったので、
予定より試合数を減らして行いました。
【3月12日追加】
 2日目は優勝決定戦、昨日負けたクラスどうしの試合が行われました。
結果は以下の通りです。
★ハンドボール(1年)
 優勝 1年7組  準優勝 1年5組
◆バスケットボール(2年)
 優勝 2年9組  準優勝 2年3組
 *決勝戦は最初3組が勝っていましたが、僅差で9組が勝ちました。

【運営を担当した体育委員より】
★ハンドボール大会
 2日間お疲れ様でした。急遽トーナメント戦となり対戦相手が変わるというハプニング
がありましたが、楽しんで試合をすることができましたか?この1年間でどれほどクラス
の団結が深まっていたのか、改めて気づける2日間だったと思います。開会式中の私語
がなかった所がとても良かったです。2年生になっても熊女生としての自覚をしっかり持ち、
行事を盛り上げていきましょう。(1の3体育委員)

◆バスケットボール大会
初日はグランドが使えず、2コートでの開催となってしまいましたが、協力しあって時間通り
スムーズに進行することができました。また、伊与田先生が今年で最後ということで最後の
体育行事で自分たちの精一杯を見せることができてよかったです。(2の2体育委員)





合格発表

 3月10日(火)午前9時に、合格発表が行われました。合格者の受検番号が貼られた
掲示板の前は大変な人だかりでした。合格された受検生の皆さん、おめでとうございます!!

2学年大学学部別説明会

2月4日(水)に、2学年の希望者を対象に
大学学部別説明会が行われました。

講師はベネッセコーポレーションの倉本氏で、
まずは全般にわたる留意事項等を指導していただきました。
次に、埼玉大学、埼玉県立大学、東京外国語大学
(国公立大学で2年生の希望者が多い大学)について、
大学の魅力、入試についての最新情報等を語っていただきました。
 
生徒は非常に真剣に耳を傾け、
質疑応答の時間には多数の生徒が積極的に質問をし、
問題意識の高まりが感じられました。

説明会後の生徒のアンケートでは次のような感想が書かれていました。

・志望校の入試情報について、ホームページなどでは得られないことも
聞くことができ、より意欲が高まりました。
志望校に行きたいという
強い気持ちを持ってこの1年頑張ろう
と気持ちを新たにすることができて、
とてもよい機会だったと思います。

・本当に早いうちから勉強していかないダメなのだということを改めて実感しました。
逆に今からでもしっかりやればセンターで
75%取れるという希望も見えてきて、
モチベーションがすごく上がりました。

・自分で調べる情報だけではなかなかわからない入試のデータなどを取り入れての
説明だったので、とてもわかりやすかったです。特に、今年度の状況の最新のものもあり、受
験をより近くに、自分のこととして受けとめ、しっかり進路について学ぶことができました。

・数年前とは科目も変わったりしているので、もっと情報収集をしなければならないと思った。

・受験に対するモチベーションがとても上がり、本当に出席して良かったと思います。
倉本先生が
「今日から何か1つ意識的に習慣を変えましょう」とおっしゃっていましたが、
私は今日から今までの学習時間に
プラス30分勉強する習慣を身に着けようと思います。


今後も、今の気持ちを忘れず、努力を続け、
進路希望実現を果たしてほしいと願っています。

第1学年 ディベート大会

2月16日(月)のLHRの時間に、第1学年ではクラス対抗のディベート大会を行いました。



3クラスずつ3会場に分かれ、以下の論題でディベートを行いました。

 ①原発はすべて廃止すべきである           ②死刑は廃止すべきである
 ③法律上の成人年齢は18歳にすべきである     ④大学は秋入学制度を実施すべきである
 ⑤日本は宇宙開発を推進すべきである



各クラス6班に分かれて昨年11月から準備を始め、2月9日にクラス内試合を行い、そこで勝った
班のうちの2班がクラス代表としてこのクラス対抗大会に出場しました






第1学年 百人一首大会

1月26日(月)のLHRの時間に、第1学年では体育館にて百人一首大会を行いました。
 
この大会に向けて、生徒は冬休み中に百人一首を覚えてきました。
 
 
4人1組になって試合をし、人数が足りないところには教員も参加しました。
 
 
 

結果は 
   優勝   1-6 (平均 30.54枚)
   準優勝 1-2 (平均 29.17枚)
   第3位  1-5 (平均 27.61枚)
となりました。優勝した1年6組には学年主任から賞状・トロフィー・景品が授与されました。

 

避難訓練


 12月22日(月)に避難訓練がありました。
放送とともに校庭に避難し、消防署の方からの講評を聞き、
消火訓練、救助袋の体験をしました。
このあと大掃除を行いました。


立教大学学生模擬講義

12月12日(金)に立教大学学生による模擬講義が行われました。

タイトルは「ネット問題から法的思考をかんがえてみよう」で、
立教大学法学部の山口ゼミナールの学生が本校の1、2年生を
対象に、模擬講義を行いました。
法学に触れたことのない学生に「法的思考」を
伝えていこうという取り組みです。

ネット問題の中でも、肖像権の問題等身近な問題を取り上げ、
まず学生が法的思考の説明をして問題提起を行い、
5つのグループに分かれた本校の生徒が
それぞれの問題提起に対してディスカッションを行い
ないながら解答を考え、意見を発表しました。
それぞれのグループに学生がアドバイザーとしてついて
ディスカッションを深める支援を行いました。

立教大学の学生は、大変わかりやすく丁寧に
法的思考について説明をし、生徒が身近な問題から
法的思考を学べるよう工夫していらっしゃいました。

生徒の感想としては、法的思考は難しかったけれど、
楽しく学べて、参加してよかったということでした。

今後も、このような大学ー高校の連携で、
生徒が様々な社会問題に目を向けていけることを願っています。
  
  
 







3年 選択美術・書道の作品


校内2階の渡り廊下に、3年生選択美術、書道の作品が展示されています。
【高校美術Ⅲ】
 粘土ほかによる自由表現
 「ボックスアート ~箱の中の私の世界」

 自由な発想で、限られた空間に「私の世界」を表現する、美術Ⅲの授業の課題です。
粘土や生徒が個々に準備した素材を使って、自由に表現します。
3年生美術Ⅲ選択者の力作をご覧ください。
(1つ1つの作品の写真が、下の「美術の作品はこちら」をクリックするとご覧になれます)

【高校書道Ⅲ】
今回、通路のギャラリーに書道Ⅲ(3年選択授業)の陶板・皿作品を展示しました。
この作品群は、「漢字・仮名交じり文」や「漢字の一字書」「仮名」「英文」など多彩な
様式で書いたものを、絵の具を吹き付けた陶板や皿にカーボン紙で写し、削り、
再度焼き締めた立体的でもある作品に仕上がっています。
 それぞれが思いを込め、書道Ⅰ、Ⅱの学習を生かした完成度の高い作品ばかりです。