熊女日記

芸術鑑賞会

 11月11日(火)午後に、本校近くの熊谷会館で芸術鑑賞会がありました。
東京アカデミック管弦楽団の方々をお迎えしてクラシックの演奏を聴きました。
◇続き部分にアンサンブルマジョリティ部 部長の感想を掲載しました。
  (11月13日)
◆続き部分に指揮を体験した砂井さんの感想を掲載しました。
  (11月15日)

(左)図書委員長のあいさつ  (右)音楽部の生徒と一緒に「アベマリア」を演奏



(左)ピッコロの2人。右側は本校生徒 (右)アンサンブルマジョリティ部の生徒と一緒に「星条旗よ永遠なれ」を演奏

(左)左はパーカッション担当で、当日司会を務められた高木さんです
                 (右)高木さんは、本校アンサンブルマジョリティ部の活動を支えてくださっています


(左)楽団の方の伴奏で、全員で校歌を歌いました  (右)生徒が指揮をしています

(左)指揮をした3人です。  (右)指揮者とコンサートマスターの方へ花束を贈りました。

(左)最後に拍手する生徒  (右)熊谷会館の周りは紅葉がきれいでした

◆一緒に演奏したアンサンブルマジョリティ部 畑野さん(2年)より
 私は今回、プロの方と初めて演奏させていただきました。本当に貴重な経験をさせていただきました。
演奏はとても緊張しましたが、とても楽しかったです。
 プロの方はとても優しく、ほんのわずかしかないリハーサル時間で、アドバイスをしてくださったり、
緊張をほぐしていただいたり、とても勉強になることばかりでした。
 そして、楽器紹介などの個々の楽器を魅せる時にはユーモア溢れる紹介で、お客さんを楽しませたい
という気持ちが伝わり、これは自分たちにとって、一番欠かせない部分だなと、気付かされました。
 この一緒に演奏させていただいた経験を、これからの練習に活かせるようにしたいです。
◆芸術鑑賞会で指揮を体験した砂井さん(2年)の感想
 私は元々人の前で何かをするのが苦手で、いつもすごく緊張するので、演目が進んでいくにつれて
不安になりました。順番がきて、舞台から大勢の人が見え、足が震えました。実際に指揮をしている
ときはリズムをとるので精一杯でしたが、
オーケストラの方々がニコニコしてくださっていたので、
なんとかやりきることができ、本当に良かったです!
 その後、自分の成長を感じられる機会があり、この貴重な経験が活きたのだと思うと嬉しいです。
今後は、
積極的に色々なことに挑戦できるようになりたいと思います。



パークマラソン


 11月6日(木)午後に、パークマラソン(マラソン大会)が熊谷陸上競技場内に作られた
7.1kmのコースで行われました。
 当日はよく晴れて、11月にしては暑いぐらいでした。
PTA役員の方をはじめ、保護者の方(70名以上)には運営のお手伝い、および応援に来ていただきました。
どうもありがとうございました。

(左)学校からバスで移動しました。   (右)開会式、体育委員からの諸注意



(左)応援する保護者の方々。   (右)ゴール後の生徒。PTAから生徒全員に差し入れをいただきました。


1学年 キャリア教育(9月27日)

 9月27日(土)に、1学年のキャリア教育が実施されました。
 2部構成で行われ、第1部ではリクルートの方から、
第2部では4グループに分かれOGの方から、それぞれお話を伺いました。
 全員が熱心に聴き入っていました。

 〈第1部 リクルート 杉山先生〉
  

 〈第2部 ①埼玉県庁 岩橋先生〉
  

 〈第2部 ②社会保険労務士 木村先生〉
     

 〈第2部 ③薬剤師 星先生〉
  

 〈第2部 ④NTT 高田先生〉
       

学校説明会


8月9日(土)に本校近くの熊谷会館で学校説明会が開催されました。
800名以上の中学生・保護者の方の参加がありました。
・鈴縣祭文化の部の動画(12分)の上映
・音楽部によるオープニングセレモニー

・校長あいさつ

・概要説明
 学校生活や入試、文化祭、体育祭、SSHについてそれぞれ担当が説明しました。

 文化祭、体育祭、SSC(スーパーサイエンスクラブ)についての説明は、生徒が
 担当しました。

・入り口付近には生徒の作品や行事の写真が展示されていました。

校内英語弁論大会

7月22日に校内英語弁論大会が行なわれました。
10人の生徒が出場し、流暢な英語とパフォーマンスで
競い合いました。

司会は英語劇部の生徒が英語で行い、教頭先生の挨拶も英語で、
英語弁論大会らしい雰囲気に満ち溢れていました。
  

出場した10人は将来の夢、部活動、推薦する本など、
様々なトピックについて堂々とプレゼンしました。





  
  
  
  
  

スピーチ後、審査委員長のALTによるコメントがあり、生徒は熱心に聞き入っていました。
 

厳正な審査の結果、上位5名が入賞者として選ばれ、表彰されました。
1位はMy Precious Club and Membersというタイトルの生徒とThe Power of Singingというタイトルの生徒。
  
3位はMy Dream 、4位はThe Best Engertainer in the Worldというタイトルで話し、
  
5位はMy Big, Big Dreamというタイトルでスピーチしました。
 
どのスピーチも甲乙つけがたく、立派でした。
最後は司会者のSee you next year!という言葉で締めくくられました。
来年も多数の生徒の参加を期待しています。

1学期 終業式


7月22日(火)に1学期の終業式が行われました。

(左)陸上部、ラクロス部などの表彰  (右)夏休みにホームステイに行く生徒の代表があいさつしました。

進学フェア


7月19日(土)、20日(日)はさいたまスーパーアリーナで進学フェアが開催されています。
初日の19日は2万人以上の方が来場されたそうです。

バレーボール大会

 6月19日(木)に本校体育館、グランドでバレーボール大会が行われました。クラスごとの決まった色のTシャツで参加しました。
ブロックごとに予選を行い、各ブロックの1位・2位グループと、3位・4位グループでそれぞれトーナメント戦を行いました。

優勝は3年6組(右の写真)、準優勝は2年1組でした。
◆続き部分にこのほかの写真を掲載しましたのでご覧ください。






教育実習


 6月2日(月)から20日(金)までの3週間(一部の者は2週間)は教育実習期間でした。
合計18名の教育実習生が教育実習を行いました。授業を見学し、実習のまとめとして、
授業指導案を作り、研究授業を行いました。
◆続き部分に、このほかの写真と実習生からの報告を掲載しましたのでご覧下さい。

教育実習を終えて 

 この3週間は大変充実し、あっという間に過ぎてしまいました。
 自分が職員室の机に座り、そこから授業に行くというのは3週間たっても慣れず
不思議な気持ちでした。
 教科指導では、多くの英語科の先生の授業を見せていたき大変勉強になりました。
特に1、2年生は私が熊女時代に受けてきた授業とは大きく異なり、コミュニカティブ
(双方向のやり取りが多い)なものになっていて時代の流れを感じました。私が実習で
担当したクラスは3年生で受験生ということもあり、コミュニカティブな授業とはほど遠く
文法訳読式の授業にならざるを得ず、自分の中で葛藤はありましたが、現在の受験
体制の中では、やはりこうした授業も大切にしていかなければならないと思います。
 最後に、お忙しい中ご指導してくださった先生方、私をホームルームにあたたかく迎え、
私の拙い授業を一生懸命聞いてくれた生徒のみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。
実習での経験を生かし、これからも努力を続けて教師になり、語学を学ぶ楽しさを多く
の生徒に伝えていきたいです。       (国際基督教大学 中野 担当教科:英語)


LHR バーベキュー

 時間割の中に週1時間設定されているLHR(ロングホームルーム)は、
学年ごとに行う内容が決まっていて、学年集会や進路講演会などですが、
年に何回かクラスで決めた内容を自由に行う日があります。6月16日(月)
の2年3組、9組のLHRはバーベキューでした。
校内にバーベキューのできるスペースがあって鉄板もあります。生徒たちは
好きな材料を持ち寄って、クラスの親睦を深めていました。