学校生活

第1回学校見学会


 6月14日(土)に第1回学校見学会が開催されました。約90名の
中学生、保護者の方が参加されました。学校の概要説明、生徒による
説明のあと、教育実習生(本校の卒業生)が校内を案内しました。



教育実習生との懇談会

6月2日から2週間(一部の者は3週間)の予定で教育実習が行われています。
6月9日(月)には2年生のロングホームルームを使い、教育実習生との懇談会が
行われました。
 各クラスに1、2名の実習生が行き、生徒に話をして質問に答えました。



【続き部分】に参加した生徒、実習生の感想を掲載しました。
『実習生との懇談会に参加して』

【生徒】
・勉強は好きな教科だけでなく、全体的にまんべんなく勉強することが大事だと分かった。
苦手教科は基礎をしっかりコツコツとやっていく必要があることもわかりました。
・実習生の先生の話を聞いて、早く大学生になりたいと思いました。
・大学、学部学科によって入試方法が異なっていること、学校ごとに雰囲気が異なるので、
オープンキャンパスなどに参加してよく調べたほうがよいことなどを知りました。
・私は自分が将来就きたい職業と、好きな科目が真逆すぎて困っています。でも、苦手だからと言って
 将来やりたいことをあきらめるのは嫌です。今日先生のお話を聞いて、自分の興味関心は色々な経験
を経ることによって変わってくるのかなと思ったので、私もこれからいろいろな経験をしたいと思います。
・実習生の先生がスペイン語で自己紹介をしてくれて、スペイン語は日本語と発音が似ていて学びやすい
 とおっしゃっていたので興味を持ちました。
・日本史は、まず歴史のマンガを読んで流れをつかむのがよいと教えてくださって、参考になりました。

【教育実習生】
 大学生活や進路選択についてお話しさせていただきました。話をしていて、進路選択や大学生活に
ついてみなさんが真剣に考えていることが伝わってきました。
懇談会でも話したのですが、後悔しないように勉強や部活などに取り組んでほしいと思いました。
つたない話でしたが、聞いてくださりありがとうございました。正田(埼玉大、理科)

 2年生を対象に高校生活や大学生活について話しました。大学生活については教養教育科目の
履修のこと、専門科目・研究に関すること、一人暮らしのことを話したところ、一人暮らしの食生活が
気になるとの質問を受けました。そこで、ご飯はまとめて5合炊いていることなどを話しました。
 また、高校時代いつごろ進路を決めたのかということや、なぜその大学を選んだのかということを
話しました。私生活や入試のことなど生徒の皆さんがとても積極的に質問してきてくれて、生徒の進路
に対する意識の高さが感じられました。進路について、今からいろいろ考えて夢や希望を持ち、
これからも頑張ってほしいです。坂本(群馬大、理科)

 進路懇談会では大学と高校の違いを交えて後輩たちにアドバイスをすることが出来ました。
後輩たちはとても真剣に聞いてくれ、質問もしてくれたので話した甲斐がありました。生徒の
みなさんは、大学での勉強内容、課されるレポート、サークルやアルバイトの話に興味を
持っているようでした。不安なところもあると思いますが、熊女生なら乗り越えられると思うので、
ぜひ悔いのない大学・学部選択をしてほしいです。須佐(東京女子大、数学)

生徒総会


 6月5日(木)6時間目のあと、体育館で生徒総会が開かれました。
昨年度の生徒会費決算や今年度生徒会予算の審議、学校生活に関する
様々な議題(大雪の日は学校を休校にしてほしい、校章、学年章のピンを
安全なものにしてほしい 等)について意見交換が行われました。


*最後に生徒会役員の引き継ぎ式が行われました。
 

PTA総会


 5月31日(土)、真夏を思わせる暑さの中、300名以上の会員(保護者の方)が参加し、
今年度のPTA総会が開催されました。

 小林PTA新会長を中心に新たな役員も選出され、新年度の活動がスタートしました。
予決算、活動報告、活動計画等も無事承認されました。

*午前中は授業公開が行われ、こちらも多くの保護者の方が参加しました。

 総会の前には20分ほど音楽部のコンサートがあり、「いい日旅立ち」「津軽海峡冬景色」「私のお気に入り」「ドレミの歌」を披露しました。

アレルギー・アナフィラキシー教員研修


 5月29日(木)放課後に、本校教職員を対象にアレルギー・アナフィラキシーについての研修会
が行われました。
 学校薬剤師の松尾先生をお迎えし、他の学校で実際に起きた事故の例も紹介しながら、
アナフィラキシーとは何か、どんな症状か、アナフィラキシー・ショックが起きたときには
どう対処すればよいかなどについて学びました。
 エピペン(アドレナリンの注射)の使用法についても、練習用のものを使って学びました。

1年生 オリエンテーション合宿

4月17日、18日の1泊2日の日程で、1年生のオリエンテーション合宿が行われました。



1日目はバスで群馬県の伊香保グリーン牧場に行き、カレーライスを作って食べました。桜が満開で天候もよく、多くの生徒がソフトクリームを食べていました。その後は、熊谷のホテルヘリテイジで、OGの講演会、自学自習、担任面談等を行いました。

2日目は引き続きホテルヘリテイジで、精神保健講演会、OGの講演会、自学自習、担任面談等を行いました。

合宿を経験して、これから熊女で過ごす3年間が有意義なものになるよう、学習・部活・行事等に励んでほしいと思います。


 Y・Sさん
 この合宿に参加して良かったことは、友達と協力して飯盒炊さんができたこと、新しく友達ができたことです。あまり話したことのない友達とも話して仲よくなれました。そして、カレーはおいしく作れました。
 悪かったことは、集合時間を守れなかったことです。時間厳守といわれながら、時間を守れずその後の行動が遅れてしまいました。今回の教訓を活かして5分前行動を意識していきたいと思います。

定期演奏会情報(ギタマン・アンマジョ)

 次の部活動の定期演奏会を開催しますので、ご興味のある方はぜひ
ご参加ください。*下のポスターをクリックすると拡大表示されます。
 ★場所はギタマン、アンマジョとも熊谷会館(本校の北側)です。
 
★ギターマンドリン部
 4月29日(祝)
 開場 12:30
 開演 13:00
 ≪部長より≫
  4月29日(火・祝)にギターマンドリン部の定期演奏会を開催します。「情熱大陸」
他、
 素敵な曲の数々を皆様にお届けできればと思います。
 
部員一同、心よりお待ちしています。

★アンサンブルマジョリティ部(吹奏楽部)
 5月4日(日)
 開場 13:00
 開演 13:30
 ≪部長より≫
 この日のために私たちは日々練習を積み重ねてきました。
ゴールデンウィークのひととき、お時間がございましたら是非足をお運び下さい。
なお、今回のこのステージを以って3年生は引退となります。
 演奏から演出まで一生懸命考えましたので、一人でも多くのお客様にご来場いただき、
楽しんでいただけたら幸いです。
皆様のお越しを部員一同、心よりお待ちしております。
曲目  『GOD SPEED!』
          『君に届け』
          『オーシャンゼリゼ』など

新入生歓迎会

 
4月9日(水)の午後に、前日に入学した1年生に対し、新入生歓迎会が開催されました。
1年生は、司会の「集合!!」の掛け声でいっせいにステージ前に集まる2,3年生に
圧倒されながら、部活動有志による出し物や学年教員の紹介を楽しんでいました。


《このほかの写真は『続きを読む』をクリックしてご覧ください。

(左)生徒会役員 (右)校長

(左)(右)アンサンブル・マジョリティ部 

(左)演劇部 (右)新体操部

(左)英語劇部 (右)バスケットボール部

(左)ギター・マンドリン部 (右)チアリーディング部

(左)ハンドボール部 (右)ダンス愛好会

(左)ダンス愛好会 (右)新入生退場 上級生が花道を作る

(左)午前:担任が新入生を連れて校内を案内している (右)2年生のクラス集合写真撮影

新任式・始業式・入学式

 4月8日(火)は午前に新任式・始業式、午後に入学式がありました。
369名の新入生を迎えて、平成26年度がスタートしました。

新任式:新しく着任した教職員


正門前で記念写真を撮る新入生と保護者のみなさん

(左)部活勧誘の生徒たち  (右)上級生が新入生を教室まで案内します

(左)入退場のときに演奏するアンサンブル・マジョリティ部 (右)入学式:校長式辞

(左)対面式 (右)新入生は教室でLHRを行いました

卒業式

  3月14日(金)に卒業式が開催されました。356名の卒業生がそれぞれの進路に向けて
巣立っていきました。
 ★★卒業生の「卒業式を終えて」を『続き部分』に追加掲載しました(3月28日)
 (左)正門前の看板 (右)会場 約600名の保護者の方が参加されました。
 (左)卒業証書授与 (右)9クラスの代表
 (左)校歌合唱 (右)退場前に、卒業生からの1,2年生に向けてのメッセージ
 (左)走って退場する卒業生 (右)退場時、ギターマンドリン部の演奏

 
 私は3月に熊女を卒業しました。3年間はあっという間で、全てが良い思い出です。
私の高校生活のほとんどは部活動でした。顧問の先生はいつも私たちのことを考えて
厳しく指導して下さいま
した。先生のお話は説得力があり、今後のためになること
ばかりでした。
部員全員が先生を尊敬し「この先生についていけば何とかなる」
と信じて努力しました。そのおかげで私たちは、念願の快挙を成し遂げることができました。
 受験期には部活をしていたことを後悔した時もありましたが、多くの先生方にサポート
して頂き最後まで諦めずに頑張れました。

 私は素敵な親友にも恵まれました。心から信頼し合える仲間とたくさんの苦労を
乗り越えたことや、
たくさんの喜びを分かち合えたことは、熊女生活のなかで一番大切な
思い出です。

 私が熊女で充実した日々を過ごすことができたのは、たくさんの人のおかげです。
熊女で過ごした3年間は、
決して忘れることはできません。思い出として胸にしまっておく
だけではなく、
学んだことを今後に生かします。
大変お世話になりました。ありがとうございました。 M.Y.