熊女日記

アウトプットを意識した英語授業

 熊女では、一人一台端末として1・2・3年生すべての生徒がiPadを活用しています。授業でも日常的に使っていますが、昨日見学をした英語の授業では、知識の定着を図ったり、思考力や表現力を高めるために、学習内容をスライドにまとめ、相互に英語で伝え合う学習活動を行っていました。

 スライド作成をするためには、授業で学んだ内容を十分に理解していることが必要ですし、相手に伝わるように英語で説明をすることも高い力が求められます。生徒たちは真剣に取り組みながらも教室内はとても和やかな雰囲気で、「熊女らしさ」を感じた授業でした。

阿部先生 最終授業

 今年度の途中から、3年生の日本史の授業を担当いただいている阿部先生の授業が今週、最終授業を迎えます。

「熊女生へのメッセージを伝える授業にします」と阿部先生から案内をいただき、見学に行きました。

 阿部先生は、普段から実物教材を多く用いた授業を行っています。例えば、木綿が輸入品として日本にやってきた歴史を学ぶ際には、実物の木綿の枝や綿を提示するなど、生徒の興味・関心を高める工夫をしてくれています。その知識量の多さに圧倒されます。

 今回の最終授業でも、万葉仮名や漢字の音読み・訓読みがどのように日本に定着してきたのか、富山県の「とろろ昆布おにぎり」の歴史などから始まり、「日常生活には歴史の痕跡がある」ことをお話してくれました。

 その後の、阿部先生の40年以上の教員経験を踏まえたメッセージに胸が熱くなった生徒も多いことと思います。授業の中では、熊女生に向けた自作の和歌も披露してくれました。阿部先生、これまでの御指導ありがとうございました。

 

 

探究活動 クラス・ゼミ内発表会

 1月22日(月)の6・7時間目に1・2年生は「総合的な探究の時間」のクラス内・ゼミ内発表会を行いました。

  1年生は熊谷市と連携し、市の課題解決に向けて設定したテーマに基づきグループごとに解決策を考えました。2年生は、人文や英語、サイエンス、健康など、自身が深めたいテーマについて個人で研究に取り組んでいます。

 いくつかの発表を見学しましたが、「熊谷市の人口減少への対策」「熊谷市の観光客数増加のための方策」など、それぞれが設定した課題について、データを根拠にした提案を行っていました。SNSの活用など、情報発信が得意な生徒ならではの策もありました。聞き手の生徒たちも、評価シートに基づき、感想などを記入していました。

 今後、各クラス・ゼミの代表者を決定し、学年ごとに発表会を行います。

熊女図書館 今月の特集は

 熊女の図書館では、司書の先生が毎月テーマを決めて関連書籍を展示してくれています。

 今月は大河ドラマにちなみ「源氏物語」特集です。小説や漫画、平安時代の文化や貴族の生活に関するものなど、随分多くの関連書籍があるのですね。貸出もできますので、生徒の皆さん、ぜひ手に取ってみてください。

 中学生対象の学校説明会・見学会の際に、図書館も見学をしてもらいますが、本の数の多さや、広々とした明るい空間を見て、中学生たちはとても印象に残るようです。2月3日(土)には、中学2年生、1年生を対象とした学校見学会を実施しますので、参加くださる中学生の皆さん、楽しみにしていてくださいね。

 

土曜授業・中学生への授業公開

 本日1月20日は土曜授業です。中学生の皆さんを対象に、3・4時間目の授業公開を行いました。多くの中学生・保護者の皆様に来校いただき、ありがとうございました。

 中学3年生の皆さんは、公立高校の入試まであと1か月ですね。熊女は「出る杭は打たれない」という、お互いの良さを認め合い、自分の夢中になりたいことに全力で打ち込める環境です。また、授業以外にも多くの刺激や学びの場があり、自分の可能性を存分に伸ばすことができます。

 熊女のホームページでは、日々の学校の様子について発信をしていますので、これまでの記事、これからの記事をぜひお読みください。

校内の紅梅が綺麗に咲いています。春の訪れが待ち遠しいですね。

ハンド・バスケ大会に向けて

 今日は太陽の暖かさを感じる穏やかな日です。1時間目の校庭では、1年生が体育の授業でハンドボールの練習をしていました。熊女では、3月に1年生はハンドボール大会、2年生はバスケットボール大会があります。

 授業の様子を見ていると、ハンドボールを初めて経験する生徒も多く、ルールや動きについて授業担当の先生が丁寧に指導をしていました。生徒たちも、疑問点を積極的に質問しており、元気な声が校庭に響いていました。3月の大会が楽しみです。

ALTの先生からのメッセージ

 熊女には「ALT Board」というALTの先生から生徒へのメッセージボードがあり、その季節に合わせた内容を提供してくれています。1月の今は、世界のお正月についての特集です。デコレーションも素敵です。

 毎回、ゲームやクイズも盛り込まれ、生徒たちは楽しみながら世界の文化や英語を学ぶことができています。

 

 

朝のあいさつ運動

 熊女では、各学期初めの3週間を使って、朝のあいさつ運動を行っています。生活委員の生徒や、先生方が正門に立ち、登校する生徒とあいさつを交わし合います。

 この時期の熊谷は風が強い日が多いですが、生徒たちは元気に登校しています。

大学入学共通テスト前日

 3年生は、いよいよ明日から大学入学共通テストが始まります。

 昨日の6時間目には、直前指導として、校長先生や学年主任、進路指導主事の先生から激励のメッセージや注意点についてのお話がありました。今日は3年生は家庭研修ですが、学校に登校し、自習室などで勉強に励む生徒の姿もあります。

 大きな挑戦をする際には緊張をしたり、不安な気持ちも強まるものです。これまで努力を重ねてきた自分に自信をもって、力を発揮してきてください。温かい飲み物や、チョコレート・キャンディーなど、ほっと気持ちを落ち着けることができるものもカバンに忍ばせておいてくださいね。さあ、元気にいってらっしゃい。

教員希望者対象説明会

 1月9日(火)の放課後、県の教職員採用課の担当者をお招きして、教員希望者対象の説明会を行いました。1・2年生が30人以上参加しました。

 教員の仕事内容や免許状の取得について、教員採用試験の仕組みについてなど具体的に説明をいただきました。教員を目指して大学で勉強中の熊女の卒業生も2名講師として来てくれました。

 熊女の多くの卒業生が県内の小中高特別支援学校で活躍しています。

 熊女では、授業やキャリア講演会、ガイダンスなど、自分の在り方や生き方を考える機会が多く設けられています。生徒たちには、それらを通して様々な可能性の中から自分の将来の道を見つけてもらいたいと思います。