修学旅行 平和学習 講演会

 9月14日(金)の午後、2学年修学旅行の平和学習 講演会が開催されました。
本校体育館に長崎で被爆された久保山栄典先生をお迎えしてお話を伺いました。
 
★2年 修学旅行委員長 山崎さんのお礼の言葉
 「本日はお忙しい中、熊谷女子高校に講演に来ていただき
どうもありがとうございました。
 原爆投下について、テレビで見たことは何度かあり、被爆者の方の
お話を聞いたことはありましたが、テレビを通して見ているためか
実感が湧かず、あまり印象には残っていませんでした。
しかし今日、実際に被爆した方のお話を目の前で直接聞いたことで
原爆、戦争というものがどれだけ恐ろしく、残酷なことであったかを
改めて感じました。
 このことをこれからの世代の人たちに伝えていく必要があると
思いました。
 先生の話された、原爆が投下された瞬間や、その直後の状況は
私が想像していた以上に悲惨なもので、大切なものを失うだけでなく、
その後も偏見や差別、病気に苦しまれたと聞き、言葉が見つからない
ほど、ショックを受けました。
 今日久保山先生のお話を聞かなかったら、本当の戦争を知らないまま
大人になっていたと思います。
 先生のおっしゃった、「良い戦争と悪い平和はない」という言葉がとても
印象に残りました。
今日は貴重なお話を本当にありがとうございました。」