「青春スクロール母校群像記⑧」

 朝日新聞埼玉版で連載いただいている「青春スクロール母校群像記」第8回が、4月9日(土)に掲載されました。今回は、文芸にゆかりのある卒業生が特集されています。

  新聞記事の掲載については、朝日新聞より許可をいただいています。

 記事にもある現在の熊女の図書館は、約41,800冊の蔵書を持ち、新書や小説、生物学や芸術など多くの書籍を備えています。

 本校卒業生が手掛けた本をまとめた「熊女コーナー」に加え、新着図書コーナーや図書委員会おすすめ本のコーナーなど、ポップも可愛らしく作られ、読んでみたい!、ずっとこの場所にいたい!と思う空間です。今日も早速多くの生徒が訪れ、お気に入りの1冊を手にしていました。

 現在は感染症対策のため座席数を減らしていますが、授業においても図書館を活用し、資料を調べたり、生徒の知的好奇心を高めたりしています。

 生徒の皆さん、柔らかな空気の流れる図書館で、新しい世界との出会いをしてくださいね。

 司書の先生も丁寧に教えてくれますよ。