10/30 2年生選択科目「人文科学探究」のポスターセッションを実施

本校では、2年生文型の授業に学校独自の設定科目「人文科学探究」が置かれています。

文型の生徒は、「国語・英語・社会・美術」の4分野から1科目を選択し1年間探究活動を行います。

今日は、国語分野「人文科学探究Ⅰ」の中間発表会を実施しました。

自らの探究の成果を模造紙にまとめ、他の生徒に説明します。

テーマは様々で、

「二重表現は誤用と言い切れるのか」

「なぜ日本語は他の言語に比べて一人称が多いのか」

「古典文学における妖怪の役割とは何か」

「夏目漱石と美術の関わりは深いのか」

「『文豪』をテーマにしたアニメ、ゲームはどこまで史実に近いのか」

「湊かなえは なぜ人々を魅了するのか」

など、高校で色々な科目を勉強する中で生まれた疑問や、日常生活の中で感じた不思議を取り上げ、じっくり深掘りしていきます。

「主体的、対話的な学び」に加え、自分の"なぜ”を追究していく「深い学び」が実践されています。