彩の国ロードサポート活動団体として

8月29日と9月5日に、当HPに掲載させていただいた「夏季休業中の全校清掃 ① ②」で触れさせていただいた校外清掃についてお知らせします。

 今年度、8月4日(水)と8月23日(月)の2日間、夏季休業中の清掃日として全クラスで清掃を実施しました。このうち、校外の清掃活動は、学校周辺や熊谷駅までの歩道のゴミ拾いや草むしりを行いました。この校外清掃は、彩の国ロードサポート活動として美化委員会を中心に毎年実施しているものです。

  県内にはロードサポート活動団体として805団体登録されています。この「彩の国ロードサポート制度」は、県管理道路(歩道部分)において、ボランティアで清掃美化活動を行う住民団体等を県が募集し、住民と行政が協力して、快適で美しい道路環境づくりを推進するとともに、道路愛護意識の向上を図る、という取組みです。本校も平成19年からロードサポート活動団体に登録し毎年清掃ボランティアに取り組んでいます。

 登録団体には、下記のような名入り看板を設置していただくことができます。本校は県道熊谷館林線、熊谷停車場線(熊谷駅から本校までの道路を中心に)で、定められた美化活動団体としての要件を満たしながら活動しており、この看板も駅前道路の歩道に立てられています。

 

 8月4日(水)ロードサポート活動 【ゴミ拾い、歩道に設置されている花壇の草むしり】
 

 

 

 

歩道橋のゴミ拾いもしました。
この歩道橋に関わる一昨年度の取組を、今後当HPでお知らせしたいと思います

 

7月1日(木)ロードサポート活動として、歩道の花壇に生徒が業者と共に花植えの作業を予定しました。しかし、早朝からの豪雨により業者のみの実施となってしまいました。この花壇の草むしりをしました。