城西大学薬学部研修


 11月24日(土)に、生徒21名が城西大学薬学部での研修に参加しました。

午前は薬学部 医薬品安全性学講座の井上先生より薬剤師の仕事についてのお話を伺い、
2種類の薬剤を混合して軟膏を作る実験を行いました。

午後は薬学部 臨床薬理学講座の木村先生の指導で、マウスの腸管の運動に薬剤が
どのような影響を与えるか観察する実験を行いました。
 参加した生徒はほぼ全員医療系の学部を志望していて、今回の研修は将来の進路について
考える良い機会となりました。


【参加した生徒の感想】
・自分の将来についてより深く考えることができ、とても貴重な経験となりました。

・高校では出来ない貴重な体験ができ、薬が体にどう働いているのか
 理解を深めることができました。

・今回のプログラムで薬剤師の仕事について理解することが出来ました。
 このようなことを実際に体験する機会は少ないと思うので、とても良い経験ができたと思います。

・自分が興味を持っている医療系の実習が出来て、素晴らしい経験になったと思います。

・小さいときから医療関係の仕事に携わりたいと思っていたので、
 今回このような貴重な体験ができてよかったです。

・今日の研修では、普段何気なく使っている薬の奥深さを知り、また実験でも
 変化に敏感になりながら観察できてよかったです!視野が広くなり、将来の
 進路決定に向けて良い経験になりました!


 *上の写真は、昼休みに見学した薬学部附属植物園の様子です。