令和3年度 第1回学校評議員会・学校評価懇話会の開催

7月16日(金)学校が保護者や地域の方々の意見を踏まえて、教育活動や学校運営状況について評価を行い、その結果を公表することで学校の説明責任を果たすとともに、学校の教育力を高めるために実施する学校評議員会を開催しました。評議員は5名と定められています。本校では地元小中学校の校長先生、地域でご活躍の同窓会会長、地域に根付いてご活躍の方、保護者代表としてPTA会長の5名を校長が委員として委嘱しています。

 午後2時30分より学校評議員会が開会し、学校自己評価システムシート【5/26に当HPでも公開済み】の内容を中心に、事務局である教員から説明、委員の皆様からの質疑や意見交換が行われました。

 午後3時40分からは、学校評議員を含む学校評価懇話会を開催しました。この懇話会では、さらに地域の方など4名と生徒3名を懇話会委員として加え、19名で協議を行いました。今回のテーマは「高校生として今、何をすべきか!」として、生徒代表で参加した生徒会役員3名から発言があり、この生徒たちの発言内容を中心に活発な意見交換がありました。委員の皆さんからも、生徒委員の意見に感心しながら、今後の熊女や熊女生へのアドバイスなども多くありました。お忙しい中、地域の皆様に参加していただき有意義な2時間となりました。貴重なご意見をありがとうございました。