教職員救命講習会を行いました

 令和3年6月28日(月)期末考査期間の午後を利用して、熊谷市消防本部 中央消防署より署員の方2名を講師としてお迎えし、教職員救命講習会を開催しました。毎年、救急救命に対応することを目的として、緊急時に迅速かつ適切な処置を行えるように救命処置に対する正しい知識・処置方法を習得するための研修です。

 実習内容は、胸骨圧迫、自動体外式除細動器(AED)の操作、新型コロナウイルス感染症対策に対応した救命処置の流れ(心肺蘇生とAEDの使用)などです。先生方からは、実際の現状を想定して多くの質問も出て講師の方からわかりやすく説明していただきました。突然の怪我や病気の対応を行うために、教職員で真剣に講習に取り組みました。命を救うための救命処置について学び、心肺蘇生とAEDの使用方について確認しました。本校のAED設置場所は、事務室前と体育館の2カ所です。