「青春スクロール母校群像記⓻」

  現在、朝日新聞埼玉版において、本校について連載をしていただいています。

  4月2日(土)には、第7回が掲載されました。

   

  熊女のシンボルである「鈴懸の木」は、創立百周年記念誌によると、明治44年の本校開校前後に

 植えられたそうです。

  終戦直前の熊谷空襲により校舎の大半が失われる中、鈴懸の木は焼失せず、現在も校庭の東側に

 しっかりと根を張っています。

 今日は、校庭から、部活動に励む生徒の明るい声が聞こえてきました。

鈴懸の木は、熊女生の笑顔や涙や頑張りを優しく見守ってくれています。 

 

 

 

*新聞記事の掲載については、朝日新聞より許可をいただいています。