芸術鑑賞会(★12/18生徒の感想を追加しました)

 12月14日(月)の午後、熊谷市のさくらめいとで芸術鑑賞会が行われ、1,2年生が参加しました。
『笑芸の世界』という題で、林屋たい平さん、翁家和助さん、ふくろこうじさん、のだゆきさんの落語や
パントマイムなどの様々な芸を楽しみました。(生徒の感想を「続き部分に追加しました」12/18)



林家たい平さん

(左)のだゆきさんのピアニカやリコーダーを使った芸 (右)ふくろこうじさんのパントマイム

(左)翁家和助さんの傘回しに本校教員が挑戦(右)図書委員長のお礼の言葉に大笑いする たい平さん
◆今年の芸術鑑賞会は古典芸能、『落語』を鑑賞しました。
 一口に落語と言っても、『寄席』というもので、笑点の橙色でおなじみのたい平さんをはじめとした複数人で行うものでした。寄席とは、落語のみならず、音曲、曲芸などさまざまな内容があるもののことで、人を飽きさせない工夫でもあり、また一度に沢山のものが楽しめる、いわばお笑いのお楽しみセットのようだと感じました。
 会場は常に笑いで包まれ、また私自身もお腹を抱えて笑いました。芸術鑑賞会が終わった時には熊女生の全員が笑い疲れた顔をしながらも、気持ちの良い余韻に浸りつつどこかすっきりとしていました。笑いという力はすごい効力があるのだと、思いました。その“笑い”を売りにして、人を幸せな気持ちにする落語はすごいなと感じ、私も人を笑わせて幸せな気持ちにしてみたいと思いました。
 私たち高校生にとって、あまり接する機会のない落語を生で、しかも間近で聞くことができて貴重な体験ができたと思います。機会があったら、積極的に寄席を見に行きたいと思います。   図書委員長 赤石(2年)