日誌

ソフトボール部3年生から①

先日最後のインターハイ県予選を戦い終えた3年生の感想です。

◎関口実沙(3年・本庄南中学校出身)
私たちの最後の試合では、約2年間の集大成として粘り強く熊女らしいプレーができたと思います。応援してくださったすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。また、新たな目標に向かって頑張ります。

◎長谷川実咲(3年投手・熊谷吉岡中学校出身)

この3年間、私たちは多くの人の支えのおかげでソフトボールをすることができました。顧問の木持先生をはじめとする先生方、両親や保護者の方々に支えていただき、そしてたくさんの応援をしてもらいました。私は全力でソフトボールに取り組めたことに感謝し、今度は後輩達の活躍を応援していきたいと思います。支えてくださった方、応援してくださった方、今まで本当にありがとうございました。

◎久安吏紗(3年内野手・深谷上柴中学校出身)
私は2年間のソフトボール部活動に高い意識を持って仲間と一緒に練習に打ち込みました。技術だけではなく自分で考えることの大切さ、努力することの大切さ、あいさつや礼儀等を教えてくださった先生、いつも応援してくださった保護者やOGの先輩方、そしていつも励ましてくれた仲間たち、私は多くの人に支えられて全力でソフトボールができました。今までたくさんの応援をありがとうございました。