卓球部

NEW 【卓球部】関東予選、インターハイ予選、国体予選

久々の更新になりました。
ここまでの大会の結果がかならずしも良くなくて、でも逃げていては前に
進めないので、遅くなりましたが、主な成績をあげさせてもらいます。

4月24日、25日、28日におこなわれた
北部支部予選(くまがやドーム体育館)の結果
シングルス
吉田、加藤がベスト32の選手による敗者復活戦に勝利し、県大会出場
ダブルス
加藤・吉田ペアがベスト8で県大会出場
団体
決勝リーグ
熊女3-2熊西  熊女3-1深商  熊女0-3熊商 2位で県大会出場

5月3日、4日、5日でおこなわれた関東予選県大会(上尾運動公園体育館)の結果
シングルス
吉田0-3小林(筑波大坂戸)  加藤0-3古田(星野)
ダブルス
加藤・吉田0-3小林・飯田(熊商)
団体
熊女2-3坂戸西
関東予選はすべて1回戦負けという、厳しい結果になりました。
頑張ってはいるのですが、結果として表せないのは何かが間違っている証拠
だと思います。この結果を謙虚に受けとめてまた頑張りたいと思いました。

6月9日、10日、11日におこなわれたインターハイ予選
県大会(上尾運動公園体育館)の結果
シングルス
吉田3-2櫻井(越谷南) 3-1水澤(所沢西) 0-3岡安(秋草学園)
加藤0-3坂本(本庄第一)
ダブルス
加藤・吉田1-3大澤・浅見(本庄第一)
団体
熊女3-1川越女子  熊女1-3川口総合

インターハイ予選は、敗れた試合でも内容的には良いものが多かったです。
今回わかったことは、つまらないミスをせず、派手さはなくても堅実なプレー
ができればそれ相応の試合はできる力はついていると言うことです。
自分から仕掛けていってミスしてしまっていた現状を改め、
低かったり、コースがつけたりできればチャンスは来るとわかりました。
これらのことを活かして夏休みにしっかりと力をつけようと誓い合いました。

6月20日、21日の国体予選(ウイングハット春日部)の結果
吉田3-1中根(松伏) 3-0大西 3-0清和(越谷南) 2-3泉(秋草)
土屋3-2吉井(春日部東) 2-3宮崎(上尾鷹の台)
山室3-0小林(国際学院) 0-3大澤(本庄第一)
林3-1野澤(川口北) 3-2晴山(川越女子) 0-3相場(秋草)
吉住3-1藤田(松山女子) 3-2布留川(大宮南) 0-3古田(星野)
榊原3-0堀内(浦和商) 0-3小倉(正智深谷)
金井3-0藤井(川口工) 0-3笹島(大宮北)
加藤3-0川村(北本) 3-0齋藤(春日部東) 0-3角田(鷲宮)

国体予選は、これまでの試合の反省をいかして、苦しい場面で頑張れた人と
同じようなことを繰り返して同じ結果しか出せなかった人とに分かれました。
強い学校の中堅の選手に勝てないと大会で上位には食い込めないので、基本的な
プレーを確実にできることを重視してこれからの練習を行っていこうと
思いました。

国体予選が終わった翌日から期末テスト1週間前となり、選手たちは
一生懸命、苦手な勉強に取り組んでいます。