卓球部

晴れのち曇り 卓球部 北部支部大会結果報告

9月28日・29日、くまがやドーム体育館にて行われた北部支部卓球大会(高体連主催)の結果を報告します。

9月28日 シングルス

柿沢  南  ベスト8

浅見  田中 ベスト16

岩田  谷  ベスト32

森田  佐川 一回戦敗退

 

 

 

 

9月29日 団体戦

1回戦 熊女3-1鴻巣 

2回戦 熊女3-1熊西 

以降は4校によるリーグ戦

第一試合 熊女3-1本庄 

第二試合 熊女0-3本庄第一 

第三試合 熊女3-2秩父農工 

ベスト4リーグで2勝1敗にて2位、全国選抜の県予選に出場ならず。

試合の中には、大量にリードして勝ちが見えていながら逆転負けするという状況があった。十分に優勝する可能性があったのにもかかわらず、きちんと勝ちきれないのは練習が甘い、指導者の指導力不足の表れなので、悔しさをバネに1月の新人戦では持っている力をしっかりと発揮できるように今後の練習を頑張りたい。

最後に、今大会を振り返っての各選手の感想を掲載します。

柿沢莉沙 2年生(深谷南中) 主将

私はこの大会でシングルスベスト8に入れたことは自分の中ですごく貴重な経験でした。団体戦は2位という悔しい結果だったので、自信を持ってプレーができるような練習をして1月の新人戦では絶対に優勝します!

岩田てまり 2年生(熊谷・玉井中) 副主将

私は今回の大会で個人戦では初めて3回戦目まで進むことができ、勝ちにこだわって最後まで戦うことができました。団体戦では2位という本当に悔しい結果で終わってしまったので、次こそ絶対に優勝して今回のリベンジを果たしたいと思います!

浅見美咲 2年生(本庄西中)

この2日間の結果は全く納得のいくものではないけれども、毎試合ごとに真摯に拍手をし、励ましの言葉をかけてくれる先生、仲間達が得がたいと気づけてとても良かったです。次の大会では、その人たちの思いを勝利という形で返したいです。

田中すみれ 2年生(上尾東中)

 今回の県北を終えて自分の成長を感じることができました。新人戦では、団体でも個人でもチャンスを逃さないためにも試合中にしっかりうごけるように練習をしていきたいです。

南真央 1年生(秩父・小鹿野中)

2日間の大会を通して、チーム全体としてはみんなが分担して効率よく準備・片付けなど出来たことが良かったです。
しかし、団体戦でもシングルスでもあと一歩及ばず負けてしまった試合があり、とても悔しかったです。その時自分はすぐにプレーの修正が出来ていなかったり、ミスが目立ってしまいました。シングルスでも団体戦でも悔しい結果となってしまったので、今まで以上に自分に厳しい練習をしていきたいです。

谷杏砂 1年生(熊谷・大幡中)

私はこの大会が初めての公式戦で、緊張して場の空気に飲まれそうになりましたが、考えを巡らせたことで今ある最大の力を発揮できたことは良かったと思います。しかし終わってみて、悔しさや後悔などが次々と出てきたので次の大会ではその場で即時に修正し相手に対応する卓球をしたいです。

森田莉央 1年生(行田・南河原中)

できる仕事を見つけて行動できてよかったです。試合で使える技術を身につけてできる限りの実力で相手に勝ち切ることが課題だと思いました。

佐川いづみ 1年生(さいたま・日進中)

 2日間を通して良かったことはチームとしてまとまって行動できたことです。これからの課題として挙げられるのはチームの精神面での支え合いです。これからの活動の中で良かったところをさらに伸ばし、課題点は少しでも良くなるように努力したいです。