卓球部

2022年10月の熊女卓球部

熊女卓球部の10月を報告します。奮闘するキャプテン南

今月はなんと言っても、冬の関東大会出場をかけた11校リーグが10月30日(日)と11月3日(木)の2日間で行われました。しかし、その前に文武両道の「文」の最大級イベントである2学期中間考査がありました。その他のできごとなども含めて時系列で紹介していきます。

1 茨城県日立市に遠征してきました。

熊女卓球部では技術力向上の一環として、他県の有力高校との練習試合や研修大会への参加などを積極的に行っています。(基本的には全員の強制参加ではなく任意です)とにかく茨城県を中心とした関東地方の有力校が参加していて、今まで参加した練習試合などの中で最もレベルが高く、最初の方はほとんど勝てませんでした。力不足を感じ、どう茨城埼玉交流が行われたかなくぼ体育館いう練習をしたらいいか、しなければいけないかを教わった気がしました。

2 南、谷、剣持の3名が茨城埼玉交流研修会に参加しました。

埼玉県選抜32名に選ばれた3名が茨城県結城市で行われた交流会で茨城県の選手たちと試合をしてきました。南と谷はCリーグ、剣持はDリーグで茨城県の選手8名と試合をしました。副キャプテンの谷は大きく勝ち越して大健闘しました。

3 中間テストが行われました。(写真撮るの忘れました。期末テストで勉強会の様子を紹介します)

卓球部はテスト週間は、勉強会を実施しています。今回はテスト終了後すぐに大会があるので、少し卓球の練習もしました。

4 予祝会をしましたピース予祝会にて

以前メンタルトレーニングを受講した際に、大会前に大会結果が良かったことを先に祝う、たたえ合うと結果が出るというお話を伺い、大会前に予祝会兼総決起会を開きました。ベンチ入りとか応援とかそういうのに関係なく全員で楽しい時間を過ごし、大会がんばろうという気持ちで一つになれました。後は大会がんばるしかない。

5 11校リーグ、応援ありがとうございました。

10月30日、11月3日の2日間で11校リーグを戦いました。かつて今大学2年生の先輩方が高校2年生の時にこの大会で5位になり、東京都八王子市で開催された新人関東大会に出場しました。その時もきわどい戦いの連続で1つも簡単に勝った試合はありませんでした。今回も力がある上位校以外は戦力が拮抗していて、熊女も5位に入賞できる力は十分ありました。しかし、初日は全員が初出場のこの大会の雰囲気に呑まれて本庄第一に完敗、2日目は力を十分に発揮しましたが、ライバル校である春日部女子、浦和南に惜敗して5位入賞すなわち新人関東大会出場を逃しました。       この間保護者の皆様やコーチが大会会場まで来てくださり、差し入れや応援をしていただき、本当にありがとうございました。当日バタバタしていてしっかりと感謝の言葉もお一人お一人にお伝えすることができず申し訳ありませんでした。あらためてこの場をお借りして感謝申し上げます。応援ありがとうございました。

1年生は、来年もこの大会で活躍するチャンスがあるので、この悔しさをバネに練習に精進して悲願の関東大会出場を勝ち取ってもらいたいと思います。以下に11校リーグ女子の結果を掲載します。