日本薬科大学 高校生薬理実習に参加

8月21日(水)の1日、日本薬科大学の高校生薬理実習に、本校からは生徒5名が参加してきました。参加校は5校で、埼玉県立熊谷高校、熊谷女子高校、熊谷西高校、本庄高校、伊奈学園高校、です。各々の高校と大学間で連携協定を結び、今回が初回となる薬理実習が企画され、校内で公募したところ、5名が参加をしたわけです。全体の参加生徒は44名でした。

 

本校では、生徒の進路選択にあたり、薬学部や医学部・医療系に興味関心のある生徒へ向けて、薬学部実習を年に1度、城西大学にて実施しています。今年度も11月に予定しております。今回の薬理実習は、参加希望があっても11月に参加しにくい生徒や夏季休業中を生かして体験したい生徒へ向けての企画となります。

 

テーマは、【中枢神経系の薬理】

     「ペントバルビタールのマウスに対する麻酔作用 ―ED50の算出―

 薬理学は、薬物などの化学物質が生体に及ぼす影響を研究する学問です。その影響にばらつきがある反応について、麻酔作用のパントバルビタールのED50(50%有効量)を算出するための実験と計算、考察をしました。

 最初に、この動物実験を行うために、日本薬科大学の動物実験倫理委員会による動物実験利用講習会を受講する必要があります。実験に利用する動物に対する倫理観を醸成し、生命を尊ぶ精神を身につけてから実験に臨みます。

 その後、本実験の基礎的な知識の講義を受け、午後の実験の手順や意義を説明していただきました。

 

 昼食は、日本薬科大学の食堂で、おすすめの学食メニュー「薬膳カレー」をいただきました。漢方を生かした薬膳、独特の優しい風味のさらっとしたおいしいカレーでした。

 

午後はいよいよ薬理実習です。参加した5校から一人ずつ生徒を集め編成した班は8班です。5~6名で協力しながら準備をし、輪番にマウスにペントバルビタールを注射します。薬剤の濃度の違いによる反応や麻酔作用を確認し協議して結果を記録します。最後は、器具等の処理や洗浄をして、実験結果の共有と整理・計算・ED50の算出をしました。8班のデータの共有と説明をしていただき、終了となりました。

 

 講義とドキドキするような経験と交流をして、生徒は様々な体験と思いを抱いたことと思います。今回の実習で生徒自身が感じた思いは、高校の学習を深める意義や進路決定の一助になっていくと考えます。