埼玉県立大学出張講座を開催しました

 

2月7日(金)の放課後に、看護学科教授の徳本弘子先生と本校のOGである埼玉県立大学の学生3名をお招きし、埼玉県立大学出張講座「看護って何だろう」を開催しました。出張講座には1・2年生の74名が参加しました。

徳本先生からは看護学という学問や、看護師の仕事の内容など分かりやすくご説明いただきました。例年、埼玉県立大学を志望する生徒は多く、参加した生徒は真剣に耳を傾けていました。

また、本校のOGである学生からは、学部を志望したきっかけや大学での生活、高校時代の話など生徒たちの様々な質問に答えていただきました。生徒たちは身近な先輩からの話を非常に興味深く聞いていました。

出張講座後も先輩への質問に多くの生徒が訪れ、悩みや心配が解決された生徒もいたようです。今回の参加者の中から、将来、看護医療系を支える人材が必ず出てくれることを願っております。

 徳本先生によるご講演

   本校OGの紹介

 3会場に分かれてOGから大学生活など今日深い話を聞きました。