校長日誌

陸上競技部・水泳部の栄誉に捧ぐ(壮行会から)

 7月8日(月)、熱中症警戒アラートが発令されたことから、陸上競技部・水泳部の壮行会はオンラインで実施しました。生憎、校長は他の用務で都内まで出張にでていたのですが、全国総体・関東選手権への出場を決めた陸上競技部と、関東大会への出場を決め、全国も含めたこの夏の活躍が期待される水泳部に向けて、お祝いのスピーチを披露してもらいました。

(教頭代読)
 皆さん、こんにちは。

 この度の、陸上競技部・川田倫子(ともこ)さんの全国大会出場、本当におめでとうございます。
 先日の関東大会でも大活躍をされ、ついに高校総体出場の権利を獲得しました。今月下旬から開催される北九州インターハイでは、熊女の名を全国に轟かせてください。また、陸上競技部では川田さんを含む4名の選手が関東選手権への出場も果たしています。3年生の野澤さん、部長の小南さん、そして、2年生の今井さんです。本当によく頑張りました。

 さらには、水泳部の皆さんもやってくれました。先月の県予選会を勝ち上がり、今月20日から茨城県ひたちなか市で開催される関東高等学校水泳競技大会に出場することとなりました。3年生の中島さん、1年生の佐藤さん、2年生の岩﨑さん、髙島さん、3年生で部長の菊池さん、本間さんの6名が出場します。皆さん、本当によく頑張りました。 

 今日、ご紹介している皆さんは、それぞれのもつ能力、それを開花させた努力、そして、諦めない強い気持ち、これらによって全国・関東大会出場という栄光を勝ち得ることになりました。さらには、指導に当たられた顧問の先生方をはじめ、チームメイト、そして皆さんのご家族がいてくれたから、こうして大きな実をつけることができたのだと思います。皆さんの活躍をこうした大勢の方たちが期待しています。そして、もちろんここに集まった熊女のみんなが、私を含めた先生方が、皆さんのことを熱く応援しています。もてる力を十二分に発揮し、ベストを尽くしてください。 

 もしも不安な気持ちになったときは空を見上げてください。その空は、そこが福岡でもひたちなかであっても、熊谷の空とつながっています。当日は熊女のみんなが同じ空を見上げ、皆さんのことを応援しています。どうか安心して戦いに臨んでください。

 熊女では、生徒一人ひとりが色とりどりの花を咲かせています。勉強に頑張る生徒、学校行事に精力的に取り組む生徒、そして、部活動に夢中になる生徒、みんながそれぞれのゴールを追い求め続けている、正に「かざさん花の冠を」だと思います。

 ぞれぞれのトゥルーカラーが輝く学校、それが熊女です。

 

お願い
 広報と広聴活動に力を入れている本校では、ホームページを通じた皆様とのコミュニケーションを大切にしたいと考えています。お手数ですが、この記事を見て「校長の思いがわかった!」と思った方は、下の「いいねボタン(手のマーク)」を押してください。よろしくお願いします。