2019年4月の記事一覧

SSH指定女子高校等課題研究発表会(お茶の水女子大学)で発表しました。

 3月29日(金)に、お茶の水女子大学にて「SSH指定女子高校等研究発表会」が開催されました。本校からは、科学部の部員4名と、1年生の3名の生徒と、計7名が参加しました。

 今回は、昨年の8月に交流会に参加した各女子高校の生徒達が、この3月までに研究に取り組んだ内容を、ポスター発表や口頭発表をして交流してきました。午前中は課題研究ポスター発表で、5会場で114本の発表がありました。また、午後の13:00~15:00は課題研究口頭発表が行われ、全体会場で11本の発表を聴きました。

 本校では、科学部の1年生の生徒4名が、1名1本ずつ、これまでに取り組んできた各自の研究課題をポスターにまとめて、ポスター発表をしてきました。各ブースに訪れてくれた各女子高生と先生方、大学の先生方や学生の方に、説明をしてご意見ご指導をいただきました。大変有意義な学習・体験になりました。

           
①「尿素の結晶の作り方の工夫」 科学部1年 大友真歩さん

②「身近な野菜の光合成色素等の蛍光の観察」 科学部1年 黒澤日南さん

 

③「切り花を長持ちさせる方法」 科学部1年 大平 果歩さん

④「押し花をきれいにつくる」 科学部1年 武政 実希さん

 また、他校の生徒のポスター発表や口頭発表も聴き、工夫された実験や興味深い内容を学習できたため、科学の興味を喚起されると共に、大いに刺激も受けました。その後、15:1516:15まで、各テーマに分かれて懇親会があり交流しました。
様々な科学の研究と発表の経験をして、多くの方々と交流ができ、大変有意義な体験をすることができた一日でした。


 「科学部」は来年度から「自然科学部」に名称が変わります。本校では「自然科学部」を核にして、今後も、このような科学関連の行事には、SSH活動の経験を生かしつつ、多くの生徒と共に参加していきたいと考えています。
 科学に興味がある人は、共に活動しませんか!

<今回、参加した生徒の感想>

・自分のポスター発表では、多くの人から助言がいただけて良かったです。

・アドバイスやこれからの工夫点を教えていただき、改善点が見え参考になりました。

・自分の研究を発表するだけでなく、他の人の意見や発表を聞くことができて、とても参考になった。いただいた意見を活かして今後の研究を進めていきたいと思う。口頭発表を聞いて、発表している人は堂々と分かりやすく話していて、すごいと思った。これからもっと研究を進め、次の発表ではどんな質問にも答えられるよう、よく準備したい。

・今回初めてのポスター発表で少し緊張しました。自分では気づかなかった改善点を知ることができ良い経験となった。また、他の人達の様々な発表を聞けたので、楽しく充実した1日を過ごすことができ、時間があっという間に過ぎてしまいました。

・今回、他校の生徒の皆さんの発表を聞いて、レベルの高さを感じました。発表内容はもちろん、その内容への質問も興味深く、発表態度等も多くの刺激を受け、勉強になりました。

・自分では思いつかないような研究をしていて、とても興味が湧きました。

・たくさんの発表を見ることができ、用語も難しく理解するのは大変でしたが、丁寧な説明とわかりやすいポスターもあり、とても楽しかったです。研究内容も興味深いものがあり、自分も研究をしてみたいなと思いました。今回、発表会に参加できて良かったです。