2021年9月の記事一覧

No.3/10] 筑波歩道橋を歩いて見てください(リマインド)

 様々な地域連携活動に取り組んでいる本校ですが、その一つとして一昨年度(令和元年度)の素晴らしい取り組みを、改めて10回に分けて不定期で当HPにリマインド紹介します。

 筑波歩道橋をドレスアップ!  デザイナーは熊谷女子高美術部

3回目は「熊谷うちわ祭」の絵画です(10回に分けて不定期で当HPで紹介しております)。

絵画に込めた生徒からのメッセージ:
 うちわ祭りの太鼓を叩く様子を描きました。この絵を描くにあたって、2018年のうちわ祭りの大総代である田代(たしろ)さんにお話を伺いました。山車に関することや、うちわ祭りの歴史についてなど、たくさんの貴重な話をしてくださり、熊谷うちわ祭りについてより興味深く感じました。また、田代さんから頂いた資料の中には魅力的なうちわ祭りのシーンが数えきれないほどあり、どこを切り取って絵にするかとても悩みました。それでもやはり、太鼓を叩く様子や山車の迫力、人々の活気を特に描きたいと思い、この絵になりました。
 少しでもこの絵が熊谷うちわ祭りの素晴らしさを伝えられたらうれしいと思います。 

 筑波歩道橋は、JR熊谷駅前から本校に向かう国道17号交差点に位置します。多くの方々に利用されている重要な歩道橋です。この歩道橋が、地域のシンボルとして、また、学生、周辺住民、観光客等の方々に愛着をもっていただくため、熊谷の観光名所、文化財、イベント等をモチーフとした絵画が令和元年7月に設置されました。この絵画は、筑波歩道橋を通学路として日頃利用している本校美術部生徒が制作しました。
 現在も地域の皆様の目に触れていただいている絵画を、改めて1枚ずつ紹介させていただております。

女子プロサッカーチームから連携交流依頼

令和3年9月、国内初の女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)が開幕したのをご存じですか!?

女子プロサッカーチームは全国から11チームが参戦。「ちふれASエルフェン埼玉」が熊谷市とホームタウンの連携協定を結び、WEリーグでは熊谷スポーツ文化公園陸上競技場をホームグラウンドとしています。初年度の今年は、9月12日から来年5月21日頃までの約9ヵ月間で、全22節・110試合が開催の予定とのことです。

「ちふれASエルフェン埼玉」より、熊谷つながり、女子つながり、サッカー部つながりという事で、年度当初より本校との連携や交流の依頼をいただいておりました。本校としても、ぜひ熊谷のプロチームを応援したい、また、本校の様々な活動を支援していただけるとのことで検討を進めておりましたが、コロナ禍のなか思うような連携が実現できずにいます。今月WEリーグが開幕し、本拠地の熊谷でも公式戦が開催されています。今後、緊急事態宣言が解除になるなど社会状況が少しずつでも戻ってくれば、地元熊谷のプロサッカーチームとの連携交流を進めて行きたいと考えています。

頑張れ!  ちふれASエルフェン埼玉

【駅前に掲げられている看板、ポスター】

受験に向けて!

10月になり全学年一斉の通常登校・通常授業が始まっています。
3年生は令和4年1月15日・16日に実施される大学入学共通テストに向けた説明会が開催され、週休日には校内で模擬試験が実施されています。部活動などに頑張っていた生徒も2学期となりスイッチを切り替えて、 学校での勉強に加えて国公立大学や難関私立大学の一般入試に向かって頑張っている生徒や学校推薦型選抜入試を狙っている生徒など、それぞれの目標に向かっています。

No.2/10] 筑波歩道橋を歩いて見てください(リマインド)

 様々な地域連携活動に取り組んでいる本校ですが、その一つとして一昨年度(令和元年度)の素晴らしい取り組みを、改めて10回に分けて不定期で当HPにリマインド紹介します。

 筑波歩道橋をドレスアップ!  デザイナーは熊谷女子高美術部

 筑波歩道橋は、JR熊谷駅前から本校に向かう国道17号交差点に位置します。多くの方々に利用されている重要な歩道橋です。この歩道橋が、地域のシンボルとして、また、学生、周辺住民、観光客等の方々に愛着をもっていただくため、熊谷の観光名所、文化財、イベント等をモチーフとした絵画が令和元年7月に設置されました。この絵画は、筑波歩道橋を通学路として日頃利用している本校美術部生徒が制作しました。
 現在も地域の皆様の目に触れていただいている絵画を改めて1枚ずつ紹介させていただきます。

2回目は「熊谷ラグビー場」の絵画です(10回に分けて不定期で当HPで紹介します)。

絵画に込めた生徒からのメッセージ:熊谷ラグビー場でプレーするラクビー選手を描きました。選手の真剣な様子や、ラグビーの迫力や勢いが伝わるように意識しました。また青色を基調としてさわやかさを表現しました。
 熊谷全体がラグビーワールドカップに向けて色々と変わってきているなか、自分もこのような絵を描かせていただけて光栄です。この私の絵で少しでも熊谷ラグビー場に興味を持っていただけたら嬉しいです。私もラグビーワールドカップを楽しみにしています。

進路座談会 第3弾

今年度3回目の進路座談会を9月21日(理系)・22日(文系)と分野を分けて、それぞれ以下の先輩方からお話を伺いました。前回と同じく、教室内に10~15人の生徒、それ以外はリモートで参加しました。

9月21日(火)
 お茶の水女子大学 理学部数学科3年 栗原 由羽 さん
 帝京大学 薬学部薬学科3年     黒澤 由実 さん

9月22日(水)
 お茶の水女子大学 文教育学部 人間社会学科 2年 三宅 真緒 さん
 お茶の水女子大学 文教育学部 人文科学科  1年 笠井 里奈 さん

それぞれの大学の良さや、大学での専門的な学問について、現役大学生からでないと聞けないお話をたくさん伺うことができました。また、受験に向けて授業を大切に、コツコツ目の前のことに取り組むことをアドバイスされ、後輩たちも今やるべきことが改めて明確になったようです。

「行きたいと思って行った所には同じ志を持った良い仲間と出会える」

力強い先輩の言葉は、進路実現に向けての大きな励ましとなりました。