2011年7月の記事一覧

剣道部 中里合宿

中里合宿最終日です。
今回は、ご不幸のため2年生が1名途中で帰った以外最後までやり抜くことができました。
2年生は、考える稽古を求められる中で気力の充実した稽古ができました。
1年生は、精神力と体力の限界まで出し尽くした稽古になりました。
各パートごとの先生方のご指導のおかげで、それぞれ一皮むけたと思います。
 
今日は最終日でパートごとの錬成大会を行いました。
1年生女子では、古川と安倍がベスト8
2年生女子では、髙澤・山口・谷合がベスト8という結果でした。
早々に負けた者の中でも、今までにない技を繰り出したり、気力あふれる試合を見せる者がいました。
合宿の成果だと思います。
これを、今後の学校での稽古や錬成会につなげていきたいと思います。
 
今回お世話になった「たまきや旅館」さんに、我々が到着する日まで、地震の被災者の方がいらしたそうです。
一ヶ月半滞在したお礼の言葉を書いた色紙が飾ってあったのでお借りして、全員で読ませていただきました。
改めて、こうして剣道ができる喜びや、生活できる喜びをかみしめることができました。
帰ってからの生活に生かしていきたいと思います。
 
    

剣道部 中高合同稽古会

鈴懸祭では大勢の方にご来場いただきありがとうございました。
また、卒業生・保護者の方から多数差し入れもいただき、重ねてお礼申し上げます。
 
さて、昨日中高合同稽古会が行われました。
鈴懸祭に続く忙しい日程の中でしたが、全員参加できました。
 
市内の学校を中心に7校の高校生と、寄居・小川から加須、桶川まで広い範囲から中学生が集まりました。
全体で300名超の生徒が、酷暑の中基本組と応用組に別れて稽古を行いました。
午後は、試合を行った後合同の地稽古を行いました。
熊女は、2年生と1年生に分かれ、さらに熊商と合同チームを組んで試合に参加しました。
中学生に対して負けられないプレッシャーを感じる生徒もいましたが、圧倒する試合運びができるようにしたいものです。
 
2年生は絶対1年生に譲らない気持ち、1年生は一つでも多くレギュラーを勝ち取る気持ちを持って磨き合ってほしいと思います。
 
23日には水上遠征があり、25日からは中里合宿が始まります。
自分で考え、一つでも多くのものが得られるように、自ら求める姿勢を徹底したいと思います。

剣道部 おもちゃ屋剣ちゃん&新体制

明日・明後日の鈴掛祭文化の部に、伝統の手作りでんでん太鼓を販売します。
 
勉強・部活動・学校行事の3つを頑張ることを熊女では「3ばる」と言っています。
今回の文化祭では、クラスの一員として参加し、さらに剣道部でも参加なので「4ばる」かもしれません。
 
今年も、数量限定で「熊女手ぬぐい」をプレミア販売するとともに、猛暑対策クールグッズを新たに販売します。
「熊女手ぬぐい」は、このページのタイトルにもなっている物ですが、毎年購入した中学生が熊女に合格している縁起物です。
 
     
さて、新体制ですが、部長 髙澤(吉見中出身) 副部長 高橋(富士見中出身) 主務 新井(熊谷東中出身)でスタートしました。
期末テスト後の稽古も1週間経過し、やっと暑さに慣れてきました。
今日明日は、文化祭のため朝稽古を行っています。
18日(月)に熊谷市中高合同稽古会、23日(土)に水上錬成会があって、25日(月)から越後中里の合同合宿です。
それらに向けて頑張る基礎をしっかり作っていきたいと思います。