2011年8月の記事一覧

剣道部 彩の国剣道大会

彩の国剣道大会が行われました。
この大会は、県南部支部高体連剣道専門部主催の大会で、
男子42校女子33校が参加し、去年に続き伊奈学園で開催されました。
 
3校による予選リーグでは、去年に続き大宮東、朝霞と対戦しました。
朝霞に3-0で勝ち、大宮東に2-2の本数勝ちで、初めて決勝トーナメントへ進出しました。
 
決勝トーナメントでは大宮に2-2の本数負けで、ベスト8進出はなりませんでした。
 
ここから勝ち上がっていけるような、精神的なたくましさや盛り上げていく気持ちが大事だと思いますが、
先を取ること、攻め崩すこと、残心の3つをよく注意して試合ができたと思います。
まだ、どこのチームとも大きな差はついていないと思います。
基本を徹底し、一本を取れる技を自分で開発し、もうひとつ上を目指したいと思います。
 
明後日は児玉白楊の錬成会、30日には寄居城北で錬成会があります。
秋の大会に向けて、いろいろ工夫し実践していきたいと思います。

剣道部ニュース

連日暑い日が続いています。
今日は、中学生が1名稽古に来てくれました。
久しぶりの稽古がこんな暑さの中になってしまいましたが、頑張ってやっていました。
 
先週の越谷錬成会では、勝ったり負けたりの試合内容でした。
中里合宿の試合の上位者をAチームにし、その他をBチームと合同チームに分け、余りなく全員試合できました。
経験を積み、反省して次に生かしていければいいと思います。
せっかく合宿で培ってきた、掛かる気持ちや先に行く意識をなくさずに試合に臨ませたいと思います。
 
しらこばと杯は、一回戦で我孫子の合同チームに負けました。
力を出し切っての負けなら仕方ないのですが、臆病風に吹かれて捨て切れてなかったり、ちょっとの油断を突かれたりして負けています。
彩の国の大会や練習試合の中で、作り直していきたいと思います。
 
明日は練習試合です。
向かっていく気持ちと、攻め崩す工夫、打った後や受けた後への意識の3点を課題にしたいと思います。