2012年11月の記事一覧

剣道部 新人大会報告

本日新人大会が行われました。
熊女は地区大会の結果ノーシードで臨みました。
 
1回戦 草加南   0(0)-5(10) 熊女  相手は3人、先・中・大と快勝。
2回戦 西武文理 0(0)-5(9)  熊女  続けて相手は3人、先・大二本勝ち。
3回戦 秋草学園 1(1)-2(4)  熊女  西部地区2位のシード校に副将で勝負を決めベスト16
4回戦 花咲徳栄 1(3)-4(6)  熊女  東部地区3位校に対し前4人勝ちベスト8
 
準々決勝で淑徳与野と対戦しました。
先鋒は一日を通して気迫のこもった試合を展開してきましたが、
この試合も気合い十分で相手を脅かす場面も何度かありました。
押し気味に試合を進めながら、攻められて居着いた所に面を打たれて一本負け。
 
次鋒は前二試合二本勝ちと仕事をするものの手元が上がる懸念があり、この試合から一年生に交替。
代わった次鋒は足を使って積極的に攻める中でチャンスを作り、
惜しい打ちも何本かありましたが決めきれず、もう少し時間があればというような試合をして引き分け。
 
中堅はここまで全勝。
故障もありましたが、逆に気持を研ぎ澄まして会心の面で先制。
自分のペースで試合ができていましたが、不用意に打った所を返されて勝負に。
直後に下へ行った所で上を打たれて逆転負け。
 
副将は前の試合で思い切りの良い技を炸裂させ二本勝ちした勢いのままに攻め立てます。
しばらくあって、上段からの鋭い小手一閃で先制。
さらに狙っていける所でしたが、慎重に試合を運び一本勝ち。
 
大将は今日初めて勝負のついていない所での戦いになりました。
なんとか一本取ってタイに追いつきたいという気持から無理に勝負に出た所を打たれて一本。
二本取り返さなければならなくなり焦る所にもう一本打たれて二本負け。
 
結局 1勝(2本) 3敗(5本)で敗れました。
自分たちの試合をやりきれれば通用する部分もあると思います。
一本打った後や受けた後の作りのスピードや、取った後の気持の作り方などまだまだ伸ばせるところもあると思います。
春まで大会からは遠ざかりますが、冬に鍛えて、真に強い剣道、真に強い人間を作っていきたいと思います。
 
優勝 淑徳与野  2位 本庄第一  3位 市立川口  久喜

剣道部ニュース

新人大会まで10日を切りました。
先週・今週と続けて練習試合をやらせていただきました。
今日はまた改めて、強い気持ちで勝負に臨む必要性を痛感させられました。
 
しかしながら強豪校相手にいい試合もできるようになり、
一時不調だった選手にもだいぶ良いところが出てきました。
 
自信を持って自分の剣道をやり抜ければ良い結果にもつながると思います。
今週末もう一度練習試合で仕上がり具合を確認して大会に臨みたいと思います。
 
昨日学校説明会が行われ、250名以上の中学生・保護者の方においでいただきました。
剣道部にも、3名の中学生とその保護者の方が来てくれました。
東部地区、南部地区、熊谷市内と様々の中学校から、
興味を持って稽古を見てもらいありがたいことです。
次回12月1日の説明会の日はテスト前で部見学はできませんが、
部活動について不明な点は剣道部顧問宛お問い合わせください。
 
 

剣道部 埼玉県剣道大会結果

第57回県剣道大会の高校の部が行われました。
新人大会の個人の部のような位置づけで、各校2名まで参加できます。
熊女からは2年生2名が参加しました。
 
新井は1回戦 栗原(朝霞)と対戦、メンをとり勝ちました。
2回戦 石渡(大宮西)にはメンを先取されたものの、メン2本を取り返し勝ち。
3回戦 加藤(坂戸)には延長でコテメンを狙いに行ったところにメンを打たれ負けました。
 
安倍は1回戦 田崎(伊奈学園)と対戦、開始早々出遅れてコテに行ったところにメンを打たれ、
何とか取り返そうとするものの攻め遅れたところにメンを追加され負けました。
 
いずれも各学校の代表選手で、厳しい戦いになりました。
試合に臨む気持ちの部分をコントロールできれば、
もっと内容も上がり結果につながると思います。
3週間後の団体戦に向けて稽古で力をつけていきたいと思います。
 
優勝 端(埼玉栄)  2位 辻本(淑徳与野)  3位 遠藤(久喜)  鈴木(埼玉栄)