日誌

2013年3月の記事一覧

ソフトボール部活動報告

3月15日に卒業式が行われ、ソフトボール部の3年生6名が卒業しました。
6月に部活動を引退してからは、それぞれの目標に向かって受験勉強を重ねてきました。
なかでも、岡部中学校出身の菊地は難関大学の東京外国語大学に見事合格しました。
 
また、3月22日には3年生との送別試合と送別会を行いました。
 
 
 
◎菊地 東京外国語大学言語文化学部ロシア語 (深谷市立岡部中学校出身)
 私は三年間の熊女生活の半分以上は部活が占めていました。練習や練習試合で学習時間が少なく、勉強をいかに効率よくやるかが課題でした。合宿中に設けられた夜の勉強時間はとてもありがたかったし、試合会場までの移動時間は単語を覚える時間にあてていました。3年生の4月、5月は、まわりの友だちが部活動を引退して受験勉強を本格的に始めたので、焦りを感じました。しかし、すべて終わった今考えると、引退してからが勝負だと思います。
 私はセンター試験がうまくいかなかったのですが、顧問の先生から『試合はまだ3回だ!』と励ましていただき、その言葉は2次試験までの約1ヶ月を乗り切る原動力になりました。また、後輩達の応援メッセージも励みになりました。受験は団体戦とよく言いますが、本当に多くの人に支えていただいたと感謝しています。
 部活動で得たものは計り知れません。私は部活動、勉強に全力投球して最高の熊女生活を送ることができました。

ソフトボール部活動報告

主将 富田(内野手・熊谷市立三尻中学校出身)
 
熊女ソフトボール部は、この冬場に基本練習の反復と基礎体力の向上を図ってきました。
3月に入り週末の練習試合では、試合勘を取り戻すことと冬場の成果の確認、新たな課題の発見を重点に取り組んでいます。
私たち2年生は残り3ヶ月となりました。大好きなソフトボールができることに感謝し、悔いの残らないよう一日一日を大事に練習していきます。
 
また、本日合格した中学生の皆さん、おめでとうございます。
春休み中に練習会を予定していますので参加してください。