日誌

2016年6月の記事一覧

ソフトボール部引継ぎ式

先日のインターハイ予選で、チームは1・2年生の新チームへと代わりました。これから3年生は大学受験に向けて頑張っていきます。
先日、引継ぎ式を行い、3年生から1・2年生にバトンタッチしました。

◆小出帆夏(熊谷東中出身)
 私は多くのことをソフトボール部で学んで成長することが出来ました。多くの方々のおかげです。感謝しています。今までありがとうございました。

◆関根叶子(熊谷江南中出身)
 私達を応援してくださった全ての方々に感謝しています。ありがとうございました。これからの熊女ソフトボールもよろしくお願いします。

◆谷平ななみ(行田太田中出身)
 ソフトボール部に入りとても充実した学校生活を送ることが出来ました。本当にありがとうございました。

◆田島夢香(東松山東中出身)
 心身ともに成長出来る2年2ヶ月でした!いろんな方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

◆久田美晴(上尾西中出身)
 木持先生をはじめ、沢山の方々の支えがあって最後の試合まで悔いなく終えることができました。本当にありがとうございました。

◆海住真由(東松山東中出身)
 2年3ヶ月、充実したソフトボール生活を送ることができました。辛いことのほうが多かったけど、この先に必ず生きていく大切な時間でした。お世話になりました。

◆太田里佳子(嵐山玉ノ岡中出身)
 このソフト部のメンバーで過ごした時間は一生の宝物です。最高の時を過ごすことができました!ありがとうございました!

◆蕨川みなみ(鴻巣吹上中出身)
 充実した、かけがえのない時間を過ごすことができ、人としても成長できる最高の部活です。

◆古川裕加利(さいたま宮原中出身)
 たくさんの方に支えていただいてソフトボールをプレーすることができ、多くのことを学ぶことができました。今までありがとうございました。


     

ソフトボール部高校総体県予選結果

6月11日から熊谷市、さいたま市、戸田市道満で行われた全国高校総体(インターハイ)埼玉県予選の結果を報告します。

本校は第3シードで3回戦から出場しました。3回戦の相手は大宮東高校です。初回に3点を先制するもののすぐに1点を返され、5回まで3-1ですすみます。先に追加点の欲しいところ、6回表に主将の関根(3年・熊谷市立江南中出身)がセンター前にタイムリーヒットを放ち、相手を引き離します。このリードをエースの荻野(2年・熊谷市立富士見中出身)、リリーフの小池(1年・深谷市立花園中出身)を中心に守り、6-1で完勝しました。
4回戦は、和光国際高校を相手に序盤から優位に試合をすすめて5-1で勝ち、準々決勝進出を決めました。
準々決勝の相手は関東予選で大金星を挙げた花咲徳栄高校です。初回にミスが重なり5失点、以後立て直すことができず、4回裏に3点を追加されコールド負けしました。怪我から復帰した主将の関根を中心に最後まで粘り強く戦いましたが、花咲徳栄高校の壁を越えることはできませんでした。

卒業生、保護者等大勢の方に応援していただき、ありがとうございました。
 
3回戦
熊谷女子 3 0 0 0 0 3 0 6
大 宮 東 1 0 0 0 0 0 0 1
4回戦
和光国際 0 0 0 0 0 1 0 1
熊谷女子 1 1 0 2 1 0 ×    5
準々決勝
熊谷女子 0 0 0 0  0
花咲徳栄 5 2 0 310
                   
県大会のトーナメント結果は、高体連ソフトボール専門部のHPをご覧ください。