2012年9月の記事一覧

ニュージーランド姉妹校の生徒が来ました

 本校の姉妹校である、ニュージーランド・インバーカーギル市の
サウスランド・ガールズ・ハイスクール(SGHS) から14名の生徒と、
引率の2名の先生が昨夜熊谷に到着しました。
 今日(9月25日)の1・2時間目に本校体育館で歓迎集会が開かれました。

 歓迎集会は、本校校長の歓迎のあいさつに始まり、音楽部、アンサンブル・
マジョリティ部の演奏、剣道部の演舞、チアリーディング部の演技、と続き、
最後にSGHS生徒の皆さんの踊り(現地のマオリ族の踊りだそうです)と
校歌の披露がありました。

 SGHS生徒の皆さんは今後、熊谷市長表敬訪問、授業体験、日本の
伝統文化の体験、国内の観光など様々なプログラムに参加し、10月1日に
熊谷を出発します。

2012ニュージーランド 派遣 報告

 7月24日から8月10日までの14日間、本校生徒が姉妹校であるニュージーランドの
 サウスランド・ガールズハイスクール(SGHS)に行ってきました。
 
・本校から派遣された生徒の代表が9月3日の始業式で報告をしました。
その内容をこちらに掲載します。
『皆さんこんにちは!
夏休みの2週間、私たちは日本と全く違う自然の中で、多くの人と出会い、動物とふれあい、
日本ではできないような体験をしてきました。
 その中で全員が共通していることは、かすり傷を負って帰ってきたことです。これは出国前に
引率の福田先生が繰り返しおっしゃっていたことで、身体的な傷でも心の傷でもありません。
積極的に行動して気づいた、英語での会話力の乏しさ、今の自分に何が足りないのか、
これからどんな勉強をすべきなのか、ということです。
 この気持ちを今後の学校生活に活かせるように尽くしたいと思います。
 今回の派遣は、自分になかったものを吸収し成長できるとても貴重な経験となりました。
関わって下さった多くの方々に感謝するとともに、9月24日から始まる受け入れでは、
SGHSの生徒を暖かく迎えたいと思います。』  新島(2年)
 
(左)始業式で報告する新島さん  (右)姉妹校で習った「ハカ」を踊る生徒
 
*現地での交流の様子(写真)は今後こちらのページに掲載します。