2018年3月の記事一覧

合格体験談を聴く会


3月22日(木)に合格体験談を聴く会が開催されました。
卒業してまだ1週間の先輩25人が来校しました。皆受験が終わったばかりでまだ受験の記憶が鮮明なようで、どのようにして勉強に集中したか、参考書や問題集はどのように使ったかを熱心に話してくれました。皆自分のやり方に自信を持っているのが伝わってきました。

  最初の1時間は1,2年生が体育館で4人の卒業生の話を聴きました。次の1時間は、2年生のみ、8つの分科会(学部別)に分かれて、なぜその学部学科を選んだのか、各科目の勉強法などより詳しい話を聴きました。「授業中、先生の話をきいて理解してからでないと、黒板に書かれた内容をノートに書き写すことはしない」という話が印象に残りました。


【参加した生徒の感想】
*大変すばらしいお話を聞くことができて良かったです。どの先輩方も勉強を習慣づけることが重要とおっしゃっていました。習慣づけるのは大変だと正直思いましたが、そこを乗り越えると、春がやってくるのだなと思いました。また、自分がやった勉強を見える化することでモチベーションをアップさせていたと聴き、実践してみようと思いました。悔いの残らない受験になるように、志望校合格に向けて、毎日頑張っていきたいと思います!
*先輩方の合格体験談を聴き、最も印象に残っているお話は、受験勉強中のモチベーションの保ち方についてです。部活仲間と勉強時間を共有して競い合ったり、友達と受験に対する近況報告をし合っていたと聴き、自分一人だけで乗り越えようとするのではなく、友達同士で切磋琢磨し合うことが大切なのだなと感じました。私も部活仲間や友達と励まし合って苦しい受験期を乗り越え、笑顔で春を迎えたいと思いました。
*身近にいた先輩方の言葉を聞いてとても良い刺激を受けました。たくさんのアドバイスを聞き、先輩方は自分にあった生活スタイルを確立していることに気がつきました。また友達と勉強について報告し合い、モチベーションを保ち、先生に些細な質問もしていたことを知り、受験は団体戦だと感じました。授業やテストなど目の前にあることを大切にし、基礎力をしっかりつけていきたいと思います。後悔しないためにもこれから受験勉強を頑張りたいです。

 ↑ 参加した卒業生(25名)の皆さんです。